August 19, 2019 / 11:21 PM / a month ago

週末に向けてカバーの流れが優勢に


*08:19JST 週末に向けてカバーの流れが優勢に
 20日の日本株市場は、こう着ながらも底堅い相場展開になりそうだ。19日の米国市場では、NYダウが249ドル高と続伸。ロス米商務長官は中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)に対する制裁措置の一部猶予の期間をさらに90日間延長すると明らかにしたことが材料視され、ハイテク株主導で上昇している。この流れを受けてシカゴ日経225先物清算値は大阪比55円高の20635円。円相場は1ドル106円60銭台とやや円安に振れて推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から小じっかりのスタートとなろうが、日経平均は7月下旬以降、連日で5日線を上回ったことがないため、こう着とはいえ5日線を上回っての推移がみられるようだと、心理的には安心感につながることになるだろう。週末の金融イベントを控えていることもあり、カバーの流れが優勢になりそうだ。

 もっとも、トランプ米大統領は米製品の輸出禁止措置などファーウェイ排除を続ける意向を示唆している。商務長官が明らかにした90日間の猶予についてトランプ大統領は、これについて「私が判断する」と強調したと報じられている。ツイッター発言等で振らされる可能性があることから、上値追いの流れにはなりづらい。

 一方で需給面では下げづらいところである。今週はカンザスシティ連銀主催による定例の経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)のほか、先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)等を控えており、金融政策へ関心が集まりやすい。米追加利下げへの思惑から足元では催促相場的に下げていた面もあったため、いったんは足元で傾いているポジションのカバーが意識されやすいと考えられる。

 米追加利下げの可能性が高いとは言え、目先的には為替の円高修正も意識されやすい。また、これまで警戒されていたVIX先物のショートポジションについても減少傾向にあるため、ショック的な下落への警戒は後退しており、全体としての底堅さが期待されるところであろう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below