August 27, 2019 / 12:00 AM / 3 months ago

トランプ発言で反発も買い一巡後はこう着相場に


*08:50JST トランプ発言で反発も買い一巡後はこう着相場に
 27日の日本株市場は、米株高の流れを受けてギャップスタートとなろう。26日の米国市場では、NYダウが269ドル高と反発。トランプ米大統領は26日記者団に対し、「中国が昨夜、われわれの通商チームに電話し、テーブルに戻ろうと言ってきた」と述べ、米国は中国側の申し出を受け入れ、交渉に復帰するつもりだと発言したと伝えられた。警戒感が和らぐなか、前週末の大幅下落を受けた買い戻しの動きが優勢となった。この流れからシカゴ日経225先物清算値は大阪比240円高の20540円。円相場は1ドル106円台を回復している。

 トランプ大統領の発言については、日本時間で昨夕に伝えられており、先物市場ではある程度織り込まれている状態とみられる。その為、シカゴ先物にサヤ寄せする格好から買いが先行しようが、一巡後はこれまで同様、こう着感の強い相場展開に向かうことになりそうだ。また、円相場については106円台回復で安心材料にはなるが、これまでのレンジ上限に接近する局面においては戻り売り姿勢に向かいやすく、一段の円安は期待しづらいところであろう。

 日経平均は一先ず5日線レベルを捉えることになりそうだが、直近のレンジ(20500-20700円)の下限に到達する。この水準をあっさり回復できないと、レンジが切り下がる可能性があるため、短期筋の売り仕掛け的な商いが出やすくなるだろう。本日のところはトリプルボトムも意識されることもあり、底堅さがみられようが、引き続き積極的な売買は手控えられることになろう。

 今週はJPX400やMSCIのリバランス需給により出来高は若干膨らむことが予想されるが、昨日の大幅下落局面においても売買代金は2兆円を下回っている需給状況である。PBR1倍水準でもあるため、主力銘柄への割安感から新たなショートを積み上げる流れにはなりづらいだろうが、上値追いというよりは、押し目拾いのタイミングを見極めることになりそうだ。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below