August 28, 2019 / 12:06 AM / in a month

20500円が心理的な抵抗として意識されやすく


*09:00JST 20500円が心理的な抵抗として意識されやすく
 28日の日本株市場は、こう着感の強い相場展開になりそうだ。27日の米国市場ではNYダウが120ドル安と反落。買い先行で始まったが、ドイツの4-6月期GDPがマイナス成長となり、世界経済減速への懸念から米長期金利が低下。米中交渉再開への懐疑的な見方も広がり、下げに転じている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比5円安の20415円。円相場は1ドル105円70銭台で推移している。

 米国市場は下落となったが、昨夕の段階でグローベックスの米株先物は100ドル弱の下げを織り込んでいたこともあり、反応は限られよう。また、ドイツの4-6月期GDPは前期比0.1%減であったが、速報値からの改定はなかったため、想定内といったところである。とはいえ、第3四半期もマイナス成長がコンセンサスであり、景気後退(リセッション)入りが囁かれているため、買い手控え要因とはなるだろう。

 出来高は依然として低水準であり、月曜日、火曜日と比較的大きな動きをみせたものの、朝方のギャップスタートでほぼ終了しており、日中こう着の中、売買代金は2兆円を下回る需給状況である。昨日はMSCIによるリバランス需給のほか、日銀のETF買い入れも入ったにも拘わらず出来高が膨れない状況のため、ギャップスタートになりづらい本日は、より商いが低水準になりそうだ。

 また、昨日の日経平均は一時20529.94円まで上げ幅を広げる局面もみられたが、同水準に位置する5日線は超えられず、ここ最近のもち合いレンジだった20500-20700円の下限を明確に突破することが出来なかった。20500円が心理的な抵抗として意識されやすく、この水準を明確に上放れてこないと、短期筋のショートカバーも入りづらいだろう。

 物色としては明日29日の大引けで、TOPIXのリバランスとJPX400の定期入替えに伴うリバランス需給が発生する。JPX400への新規採用銘柄などへは需給インパクトを狙った短期的な売買も意識されそうである。その他は、業績面で安心感のある銘柄や需給妙味のある銘柄などに短期資金が向かいやすいだろう。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below