September 3, 2019 / 11:53 PM / 16 days ago

米中協議や英国ブレグジット問題の行方を見守る


*08:46JST 米中協議や英国ブレグジット問題の行方を見守る
 4日の日本株市場は、祝日明けの米国市場の下落影響を受けようが、売り一巡後は底堅さが意識されそうである。レイバーデー明け3日の米国市場は、NYダウが285ドル安となった。中国が米国を世界貿易機関(WTO)に提訴するなど米中貿易摩擦の長期化が懸念されたほか、8月ISM製造業景況指数が約3年ぶりに節目となる50を下回り、景気減速への警戒感が広がった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比70円安の20590円。円相場は1ドル105円90銭台で推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、売りが先行しよう。米中両国の通商交渉当局者は今月行う予定の会合日程を設定できていないとも伝えられており、交渉再開に向けた動向を見守る格好である。ただし、前日の段階で慎重姿勢から商いは膨れておらず、グローベックスの米株先物では150ドル安程度は織り込まれており、売り一巡後は下げ渋る格好から次第に底堅さが意識されそうである。

 とはいえ、ISM製造業が3年ぶりに50割れとなり、景気後退懸念が強まりやすい。今週は多くの経済指標の発表が予定されていることもあり、押し目買いの流れは強まりづらい。さらに、英議会で3日、与党・保守党の下院議員1人が野党に移籍し、与党は実質的な過半数を失った。英国の欧州連合(EU)離脱を巡る情勢が一段と緊迫してきており、これを見極めたいとする模様眺めムードの中で、商いは膨らみづらいだろう。

 日経平均は足元でもち合いレンジの上限レベルでの推移をみせているが、このレンジを突破してくるには米中協議再開からの進展等がみられるかがポイントとなる。ただ、米中貿易摩擦以外にも英国のEU離脱問題など外部環境の不透明要因は多く、リバランス中心の売買にとどまりやすいところでもある。

 一方で、センチメントが弱気に傾いている中で、ポジションはショートに傾いており、PBR1倍水準での割安意識に伴う底堅さが意識されているなかでは、需給妙味の大きい銘柄などへは断続的にもショートカバーの流れをみせてこよう。また、米国では半導体株が下げているが、いずれも売り先行後は横ばい推移をみせていた。その他、本日の処は既存店売上高を発表したファーストリテ9983が下支えとして意識されそうだ。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below