September 19, 2019 / 11:29 PM / a month ago

年初来高値を意識しつつもやや慎重姿勢に


*08:23JST 年初来高値を意識しつつもやや慎重姿勢に
 20日の日本株市場は、日経平均の年初来高値を意識しつつも、こう着感の強い相場展開になりそうだ。19日の米国市場ではNYダウが52ドル安、ナスダックは5ポイント高とまちまちの展開。マイクロソフトが最大400億ドルの自社株買い計画と大幅な増配を発表し、ハイテク株を中心に買いが先行。その後は米中高官協議を見極めたいとの思惑から次第に利食い優勢となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比85円高の21955円。円相場は108円台前半での推移。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、やや買い優勢の展開となり、日経平均は22000円を固めつつ、4月24日に付けた年初来高値(22362.92円)が意識されてくるだろう。ただし、3連休に入ることからリスク選好姿勢にはなりづらいところであろう。また、米中両政府は貿易問題で次官級協議をワシントンで開く。足元で歩み寄りの姿勢をみせているほか、10月上旬にワシントンで閣僚級の貿易協議を開く予定であるため、それに向けた地ならしを進める狙いとはいえ、見極めたいところであろう。

 また、イランのザリフ外相は19日、米国かサウジアラビアがイランを軍事攻撃すれば、「全面戦争」になると警告しており、地政学リスクなども手控え要因になる可能性がありそうだ。足元の売買代金は連日で2兆円を上回ってきたとはいえ、一段とトレンドが強まるにはエネルギー不足といったところであろう。反対に22000円処を固めることにより、次第に押し目買い意欲が強まるほか、これまでの弱気に傾いていたセンチメントの巻き戻しが意識されやすいと考えられる。

 そのため、底堅さは意識されるものの、やや慎重姿勢も高まりやすく、積極的な上値追いの流れは期待しづらいところである。また、中小型株については、日経平均が一段のリバウンドを強め、海外勢による資金流入が増えるといった変化から先高感が強まる局面になるまでは、先物主導によるインデックス売買の範囲内であるため、中小型株においては短期筋の値幅取り狙いの売買が続きそうである。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below