September 24, 2019 / 11:29 PM / in a month

売り一巡後の底堅さを見極め、資金は個別材料株へ


*08:23JST 売り一巡後の底堅さを見極め、資金は個別材料株へ
 25日の日本株市場は利食い優勢の相場展開になろう。24日の米国市場ではNYダウが142ドル安、ナスダックは118Pt安となった。中国が米国産大豆を報復関税なしで輸入することを認める措置を導入したことで買いが先行した。しかし、トランプ大統領が国連で中国の不公正な貿易慣行を批判したほか、同氏がウクライナ大統領に軍事支援と引き換えにバイデン前副大統領親子の疑惑を調査するよう圧力をかけたとの問題で、弾劾懸念が強まり政権運営への先行き不安から下落に転じている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比235円安の21705円。円相場は1ドル107円10銭台と円高に振れて推移している。

 前日の日経平均は連休中の海外市場の動向から弱含みの展開が想定されていたが、TOPIX型の断続的なインデックス買いを背景に、底堅い相場展開だった。しかし、シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、売りが先行するとみられ、22000円処を寄り付き段階で割り込んでくることになりそうだ。TOPIX型の買いが断続的に入るようだと次第に底堅さが意識されてくる可能性はありそうだが、日経平均の22000円が心理的な抵抗として意識されてくるようだと、これまでの上昇に対する利益確定の流れに向かわせやすいだろう。

 一方で、期末要因から配当志向の物色がみられており、売り一巡後の底堅さが意識されてくる可能性はある。また、配当再投資への思惑から下を売り込む流れにもなりづらく、売り一巡後は底堅さを見極めることになろう。225型への売りが意識されるため、指数インパクトの大きい値がさ株などが指数を下押す格好となる半面、ややディフェンシブ系への物色が意識されやすく、バリュー株の動向には注視しておきたいところ。

 また、昨日もコロプラ3668が「ドラクエウォーク」のヒットを背景に連日で強い値動きが続くなど、個人の物色意欲も根強く、センチメント改善につながりそうである。足元ではインデックス売買主導ではあるが、本日は売り優勢が意識されるため、個人主体の個別材料株の一角へ資金が向かいやすいだろう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below