October 6, 2019 / 11:38 PM / 2 months ago

米中閣僚会議の行方を見極め


*08:34JST 米中閣僚会議の行方を見極め
 7日の日本株市場は、先週末の米国株高の流れを背景に買いが先行しようが、買い一巡後はこう着感の強い相場展開が見込まれる。4日の米国市場ではNYダウが372ドル高と上昇。9月雇用統計は非農業部門雇用者数が予想を下振れたものの、失業率が約50年ぶりの低水準に改善したことが材料視された。パウエルFRB議長は講演で米経済が概ね良好な状態にあるとの見解を示したが、今月のFOMCでの利下げ期待も根強く、終日堅調な展開だった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比215円高の21535円。円相場は1ドル106円70銭台で推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から買いが先行しよう。ただし、10日からの米中閣僚会議の行方を見極めたいとする模様眺めムードも強く、買い一巡後はこう着感が強まりやすい。また、中国当局者は米国との貿易協議を前に、トランプ米大統領が求める幅広い通商協定に合意することに一段と消極的な姿勢を示していると報じられており、神経質な相場展開が見込まれる。

 コンセンサスは、米中摩擦は長期化するものの、暫定合意的な流れの中で、15日に控えている関税引き上げを延期するといったところがベストであろう。一方で、進展が見られないようだと、関税引き上げ競争が再燃するとの警戒感が強まりやすく、日経平均は先週支持線として意識されていた75日線割れから、節目の21000円が意識されてくる可能性もありそうだ。また、香港デモの影響も相場全体の重石として意識されやすいだろう。

 一方で、米中協議が進展するとなれば、市場のムードも明るくなるだろう。先週は米アップルが9月に発売した新型3機種のスマートフォン「iPhone」の生産台数を上方修正したことが材料視された。上方修正の背景には対中関税先送りの影響があるとみられており、協議進展次第ではハイテク株への一段の買い戻しを誘うことになろう。

 その他、今週は小売企業の決算発表が本格化するほか、市場の先行きを占ううえで安川電機6506の決算も控えている。その他、今週はノーベル賞の発表もあるため、関連する銘柄への物色も意識されやすい。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below