October 23, 2019 / 11:38 PM / in a month

本格化する決算を前に日本電産がセンチメントを明るくさせる


*08:32JST 本格化する決算を前に日本電産がセンチメントを明るくさせる
 24日の日本株市場は、こう着ながらも強含みの相場展開が見込まれる。23日の米国市場はNYダウが45ドル高と反発。主要企業決算を見極めたいとの思惑から小動きではあったが、この日はボーイングの決算が好感されていた。半導体株はテキサス・インスツルメンツの業績見通しが嫌気されたが、これが前日の段階で織り込まれているとみられる。また、SOX指数は下落しているがテキサス・インスツルメンツのインパクトであり、その他の銘柄については小幅な下げにとどまっており、懸念が広がる流れにはなっていない。シカゴ日経225先物清算値は大阪比145円高の22795円。円相場は1ドル108円60銭台で推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から買い先行でのスタートとなり、日経平均は18日に付けたザラバ高値22649.85円をクリアしてくる流れになりそうだ。買い一巡後は今後本格化する決算を前に次第にこう着感が強まりやすいと考えられる。一方で、昨日大引け後に決算を発表した日本電産6594は、通期の営業利益を前期比15%増の1500億円と従来予想を250億円下方修正した。第2四半期の営業利益は前年同期比35%減の622億円と、会社計画(750億円)に届かなかったが、600億円台になるとの声も聞かれていたため、上期業績の下振れは想定内とみられる。

 日本電産は前日までのリバウンドで直近高値水準を捉えてきていたこともあり、アク抜けから強含みとなるようだと、今後本格化する決算を前にセンチメントを明るくさせるだろう。ハイテク株等は足元で強いリバウンドをみせており、短期的な過熱感が警戒されやすいところではあるが、昨年からの調整トレンドをようやく突破してきた銘柄も多く、見直し余地は大きいと考えられる。

 その他、本格化する決算発表を前に、業績予想の修正を発表する企業は増えてきている。通期計画に対しては慎重にみているため据え置かれているが、第2四半期の上方修正を行う企業が相次いでおり、これら企業を見直す流れを意識されやすいところであろう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below