October 30, 2019 / 11:39 PM / 15 days ago

ソニーやアドバンテストなど決算を材料視した物色に


*08:32JST ソニーやアドバンテストなど決算を材料視した物色に
 31日の日本株市場は、米株高の流れを受けて底堅い相場展開が意識される。30日の米国市場では、NYダウが115ドル高と上昇した。注目された連邦公開市場員会(FOMC)では、大方の予想通り、今年3度目の0.25Pt利下げを発表。パウエル議長は今後の利上げには大幅なインフレ率上昇が必要になるとの認識を示し、発表後に上げ幅を広げている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比90円高の22930円。円相場は1ドル108円80銭台で推移している。

 また、アップルは取引終了後に7-9月期決算を発表し、売上高、1株利益ともに予想を上振れており、時間外で上昇していることも材料視されよう。ウエアラブル端末の販売増加に加え、アプリや音楽配信、モバイル決済などサービス事業の好調が寄与した。その他、本格化する決算の中、昨日の取引終了後に決算を発表したところでは、ソニー6758、アドバンテスト6857、アンリツ6754が上方修正を発表している。アドバンテスト、アンリツについては5Gの需要拡大によるものであり、5G関連への波及も意識されそうだ。

 その他、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を目指す大阪府と大阪市が、運営事業者に総額1兆円規模の投資を求める方針を固めたことが報じられている。米ラスベガスやシンガポールの代表的なIRを凌ぐ、世界屈指の施設を目指すと伝えられており、カジノ関連の一角などへの物色が意識されそうである。

 また、国内イベントでは日銀の金融政策決定会合があるが、マイナス金利深掘りへの思惑等が出ているが、結果的には見送るとみられ、サプライズはないだろう。週末3連休を控えていることもあって商いは膨らみづらいところであり、日経平均は節目の23000円突破は厳しいと考えられるが、下値の堅さは意識されやすい。決算を手掛かりとした個別物色を中心とした流れが継続しよう。なお、通期計画は据え置いているものの、2Q上方修正の動きも目立ってきている。日経平均は値がさハイテク株等がけん引しており、依然として低迷している銘柄は多い。低迷している銘柄などは決算が見直し材料となる相場展開が意識されやすいだろう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below