November 21, 2019 / 11:47 PM / 14 days ago

ヘッドラインに注視しつつ、冷静に下値を拾うスタンス


*08:44JST ヘッドラインに注視しつつ、冷静に下値を拾うスタンス
 22日の日本株市場は、下値不安を持ちつつも、底堅い相場展開が意識されよう。21日の米国市場では、NYダウは54ドル安、ナスダックは20ポイント安となった。引き続き米中交渉の先行き不透明感が高まる中、売り優勢の展開だった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比30円高の23080円。円相場は1ドル108円60銭台で推移している。

 昨日は「米中通商協議が年内に第1段階の合意もできない可能性」「トランプ大統領は香港人権法案に署名する見通し」「中国の劉鶴副首相は第1段階の合意に慎重ながらも楽観的」といったヘッドラインに上下に振らされる相場展開だった。商いが膨らみづらく、指値状況が薄い中で、先物主導のインデックス売買の影響がより強く出ている状況である。

 本日は週末要因からより商いは膨らみづらいため、ヘッドラインに注視しつつ、神経質な相場展開になりそうである。しかし、昨日の400円を超える下落局面からの急速な戻りを見ると、短期筋の売り仕掛けによる買い戻しもあろうが、依然としてこれまでの弱気なセンチメントによる買い戻しといった需給である中、調整局面では買い戻したいといったところ。日経平均は25日線レベルを回復して長い下ヒゲを残しており、調整局面での押し目買い意欲の強さが窺えた。

 その他の需給面においても、12月前半にかけては9月配当分の再投資といった要因もあり、下げづらい状況である。日経平均はチャート上で昨日の下ヒゲを残す動きが続くようだと、買い戻したい向きの価格切り上げも意識されてくる。米中問題などのヘッドラインに振らされやすい状況ではあるが、下に振らされる局面においては、冷静に下値を拾うスタンスであろう。

 物色としてはこれまでのけん引役であったハイテク株には利食いが出やすい一方で、医薬品などのディフェンシブ系に向かいやすい。ほか、連日でNY原油相場が大きくリバウンドをみせてきており、軟調基調が続いている資源やエネルギー関連への見直しも意識しておきたいところ。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below