November 28, 2019 / 11:44 PM / 12 days ago

米中交渉の進展期待と米クリスマス商戦への期待


*08:39JST 米中交渉の進展期待と米クリスマス商戦への期待
 29日の日本株市場は、手掛かり材料に欠ける中ではあるが、底堅さが意識されそうである。28日の米国市場は感謝祭の祝日のため、手掛かり材料に欠けるほか、海外勢のフローが限られるため、商いは膨らみづらいだろう。そのため、こう着感の強い相場展開が続くことになりそうだ。

 しかしながら、底堅さは意識されやすく、押し目買い意欲は強そうだ。トランプ大統領が「香港人権・民主主義法」に署名したことを受け、中国は厳重に抗議したものの、貿易協議の合意に向けた扉は閉ざさずにいる。中国指導部はなお、国内景気の下支えに向けて、米国との貿易合意を望んでいるとも伝えられており、米中交渉の進展期待が下支えとなろう。

 また、米景況感の底堅さから感謝祭明けのブラックフライデー、週明けのサイバーマンデーへの期待も根強く、本格化入りする米クリスマス商戦への期待が下支えとなろう。さらに、現物と先物を合算した海外勢の買い越し基調も継続しているため、需給面での下支えも意識されやすい。バリュエーション面では割安感は後退しているとはいえ、相対的な日本株の出遅れ感が意識されているほか、調整局面においては買い戻したい需給がみられている。

 物色の流れとしては海外勢のフローが限られていることから、インデックスに絡んだ商いは入りづらく、個人主体の中小型株に引き続き関心が集まりやすいとみられる。マザーズ指数は11月半ば以降、強いリバウンド基調をみせており、短期的には過熱感が警戒されやすい面はある。しかし、長期的なトレンドとしては、日経平均と真逆の動きをみせていたため、ようやく調整トレンドの上限を超えてきたところである。

 急ピッチの上昇で過熱感が警戒されている銘柄等もあるが、資金回転が効いている状況であり、順張りスタンス。また、出遅れ感が修正されてきている流れの中では、調整が続いていた銘柄を見直す流れも広がりをみせてこよう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below