December 18, 2019 / 11:54 PM / 8 months ago

個人主体の材料株物色に


*08:43JST 個人主体の材料株物色に
 19日の日本株市場は、引き続きこう着感の強い相場展開になりそうだ。18日の米国市場は、NYダウが27ドル安と小幅に下落する半面、ナスダックは小幅に上昇している。米中合意を受けた投資家心理の改善が続くものの、米下院がトランプ大統領の弾劾訴追決議案の採決結果を見極めたいとの思惑から、小幅な値動きとなった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比65円高の23875円。円相場は1ドル109円50銭台で推移している。

 日経平均は24000円処でのこう着が続く中、節税対策の動き等から利益確定の売りが出やすい面がありそうだ。一方で、ショートカバーも意識されるため、基本的には底堅い相場展開といったところ。トランプ大統領の弾劾訴追の行方など不安材料はあるが、先物市場では商いが細ってきており、前日の日中の225先物の取引量は3万枚程度に減ってきている。短期筋の仕掛け的な動きがあったとしても、大きなトレンドは出難い状況であろう。

 そのため、個人主体の物色が中心となりやすく、IPOラッシュの中での日替わり物色が中心になりそうだ。本日もSREホールディングス2980、ランディックス2981の2社が上場する。足元の良好な需給状況から好スタートとなろうが、いずれも不動産関連ということもあり、寄り付き後は他のIPO銘柄にシフトしやすいところでもある。また、IPO銘柄の物色は活況ながらも資金の逃げ足は速く、次第に出遅れ感のある中小型株などに物色に広がりがみられる可能性がありそうだ。

 その他、個別の材料にも敏感になりやすく、総務省が大手キャリア3社にMVNOに対する5Gサービスの提供に係る機能開放を要請したことを受けて、日本通信9424への低位材料株物色が意識されやすい。また、いすゞ自動車7202がボルボ・グループとの商用車分野における戦略的提携に向けた覚書を締結したと発表。いすゞのほか、関連する自動車部品株への資金流入の一方で、競争激化に伴い日野自動車7205へは売りが出やすいところか。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below