January 7, 2020 / 11:43 PM / 7 months ago

地政学リスク警戒も5G関連などハイテク株への物色が意識される


*08:36JST 地政学リスク警戒も5G関連などハイテク株への物色が意識される
 8日の日本株市場は、こう着感の強い相場展開の中、5G関連などハイテク株への物色が意識されそうである。7日の米国市場では、NYダウが119ドル安となったが、ナスダックは2ポイント安、SOX指数はプラスで終えている。引き続きイラン情勢の緊迫化で地政学リスクへの警戒感が広がっているほか、10-12月決算シーズンを前に様子見ムードとなっている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比130円安の23350円。円相場は1ドル108円40銭台で推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から利食い優勢の展開となろうが、昨日の上昇で25日線レベルを捉えていたこともあり、想定された一服といったところであろう。また、イラン情勢緊迫化への警戒に対して楽観的な見方はあるものの、慎重姿勢は崩せないだろう。ソレイマニ司令官の遺体がイラン国内に戻り、葬儀や追悼の集会が各都市で始まっているため、イランは喪に服している状況。葬儀が終わった後の動向次第では警戒感が高まる可能性もある。

 しばらくは神経質な相場展開を余儀なくされるとみられ、インデックスに絡んだ商いの他は、積極的に上値を追う流れにはなりづらい。物色についても、個人主体の中小型株での短期的な値幅取りが中心になりそうである。一方で、ISMが発表した12月の非製造業総合景況指数は、業況持ち直しを反映し4カ月ぶりの高水準となった。コンセンサス予想を上回った他、経済全般は引き続き安定している様子が示されたことは下支えになる。

 その中で米国ではアナリストの投資判断格上げを受けて、マイクロン・テクノロジーやウェスタン・デジタルが強い値動きをみせている。従来型より多くのメモリーを使用する次世代通信規格「5G」対応スマートフォン向けの出荷増が想定よりも早く本格化すると指摘しており、5G関連への手掛かり材料になりそうである。

 また、米ラスベガスでは世界最大の技術見本市「CES 2020」が開催されていることも、5Gのほか、AI(人工知能)、クラウド、デジタルヘルス、コンテンツ、モビリティ等の関連銘柄への手掛かり材料になることが見込まれる。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below