February 4, 2020 / 12:03 AM / 15 days ago

やや中長期目線での押し目狙い


*08:55JST やや中長期目線での押し目狙い
 4日の日本株市場は、こう着感の強い相場展開になりそうだ。3日の米国市場では、NYダウが143ドル高と反発。1月のISM製造業総合景況指数は、50.9と、前月の47.8(改定)から改善し、半年ぶりに判断の分かれ目となる50を上回ったことが材料視された。また、中国による資金供給により、新型コロナウイルスによる経済鈍化懸念が和らいだ。シカゴ日経225先物清算値は大阪比30円安の22860円。円相場は1ドル108円60銭台で推移している。

 注目されていたISM製造業の50回復は、安心感につながろう。半導体株は軒並み上昇していることもあり、やや自律反発の流れが意識されやすいところではある。とはいえ、中国を中心に感染が拡大する新型コロナウイルスがハイテク機器のサプライチェーンを阻害する恐れもあり、積極的なリバウンド狙いの展開は期待薄である。

 また、決算発表が本格化していることもあり、模様眺めムードも強いところである。そのため、しばらくは先物主導によるインデックス売買に振らされやすい状況の中、決算を手掛かりとした個別物色の流れが続きそうである。その他、新型肺炎に関連する銘柄への物色についても、想定されていたとはいえ、資金回転が速まってきており、物色対象も変化が見られてくるだろう。

 昨日の日経平均は明確なボトム形成は確認されていないが、一先ずテクニカル的には一目均衡表の雲下限や26週線が支持線として機能する格好での下げ渋りをみせている。新型肺炎の封じ込め次第ではあるが、早期に進展が見られてくるようであれば、支持線として機能する格好になりそうである。

 その他、足元でイレギュラー的に下げている銘柄も多く、業績に安心感のある銘柄や高配当の銘柄などへは、やや中長期スタンスでの物色も意識されてくると考えられる。第3四半期の決算発表が通過した銘柄などへは、改めて見直す動きも次第に広がりがみられてくる可能性がありそうだ。

 また、新型肺炎関連へのシフトが強まる過程で、換金売りに値を下げていた中小型株等へは、チャート上でも押し目を狙いやすい水準まで下げている銘柄も多く、冷静に押し目を狙いたいタイミングにもなりそうである。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below