February 12, 2020 / 11:42 PM / 2 months ago

ソフトバンクGが利食いをこなすならセンチメントを明るくさせる


*08:39JST ソフトバンクGが利食いをこなすならセンチメントを明るくさせる
 13日の日本株市場は、米株高の流れを受けた買い先行の展開となろう。12日の米国市場は、NYダウが275ドル高となった。米大統領選の民主党候補者指名に向けたニューハンプシャー州予備選ではバーニー・サンダース上院議員が勝利したものの、他候補との差は僅かであり指名争いが難航するとの見方から、トランプ大統領が有利であるとして終日堅調推移となった。

 また、新型コロナウイルスの感染者数が減少傾向にあると伝わったことも、買い安心感につながっている。この流れからシカゴ日経225先物清算値は大阪比75円高の23945円。円相場は1ドル110円00銭台で推移している。

 新型コロナウイルスの感染者数が減少傾向にあると伝わったことに関しては、クルーズ船における感染者の拡大を背景に、楽観視は出来ないところであろう。とはいえ、米国市場はテクノロジー株を中心に強い値動きをみせており、この流れを引き継ぐことになりそうだ。もっとも、日経平均の24000円を明確に上放れてくる可能性は低そうであり、買い一巡後はこう着感が強まりやすく、先物主導のインデックス売買に振らされそうである。

 昨日、日経平均を押し上げたソフトバンクG9984については、大幅上昇に対する反動は想定内であろう。利食いをこなしつつ、底堅い値動きをみせてくるようだと、センチメントを明るくさせてきそうである。なお、決算については2019年7-9月期の大幅営業赤字の原因になったファンド運用について、投資先の業績改善などを背景に「反転した」と説明し、10-12月期では営業黒字(25.9億円)に転換したことを強調した。

 また、説明会で「ソフトバンクGは事業会社ではない。投資会社だ。売り上げや営業利益は忘れていい数字だ」と述べ、ソフトバンクGの業績は「会計上の営業利益ではなく、株主価値がどれくらい増えたのか減ったのか」だとの考えを述べている。

 その他、米国ではマイクロン・テクノロジーが3%を超える上昇となっている。UBSが12日付で投資判断を「中立」から「買い」に格上げし、目標株価を引き上げたことが材料視されている。前日に上昇が目立っていたエヌビディアも引き続き堅調であり、半導体関連への支援材料になるだろう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below