March 4, 2020 / 11:57 PM / 3 months ago

下へのバイアスは弱まり、押し目拾いのタイミングを窺う流れに


*08:48JST 下へのバイアスは弱まり、押し目拾いのタイミングを窺う流れに
 5日の日本株市場は、米株高の流れから買い先行後は、狭いレンジでの取引になりそうだ。4日の米国市場ではNYダウが1173ドル高と大幅に上昇した。米大統領選の民主党候補指名予備選で穏健派とされるバイデン氏が予想外に健闘し、左派のサンダース氏の攻勢を食い止め、指名される可能性が強まったとの見方から投資家心理が改善した。この流れを受けて、シカゴ日経225先物清算値は大阪比260円高の21390円。円相場は1ドル107円50銭台で推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、先物主導によるインデックス買いでギャップスタートになりそうだ。しかし、スーパーチューズデーにおいてバイデン氏優勢との見方は前日のザラ場中の報道等である程度は織り込まれており、買い一巡後はこう着感が強まりそうである。足元では20800-21500円辺りのボトム水準での推移が続いていることもあり、このレンジを突破してくるまでは、慎重姿勢は崩れそうにない。

 とはいえ、世界各国の中央銀行や政府が景気刺激策を導入するとの期待から下へのバイアスは弱まり、スタンスとしては下への警戒というよりは、押し目拾いのタイミングを窺う流れになるだろう。

 昨日の日経平均は21000円を割り込んで始まったが、直近安値水準では底堅さが意識されている。やはり、日銀総裁による異例の談話に続いて、日銀による異例のETF買い入れにより、21000円処では売り込みづらさもあるだろう。臨時の金融政策決定会合などへの思惑なども根強いとみられる。

 ヘッジファンドのVIX指数先物の差引き建玉はピーク時から半減程度まで一気に減少したことから、リスクパリティ戦略に伴う機械的な株式の売却についてはピークアウトした可能性もあり、これまでのような乱高下の動きから、落ち着きもみられてきている。国際オリンピック委員会(IOC)は、関係機関および国内オリンピック委員会(NOC)と連携し、7月24日から始まる東京オリンピックの成功に向けて全力を尽くす」と表明しており、こちらは安心感につながるところである。

 一方で、トランプ大統領は感染拡大を防ぐため、米国への入国を拒否する国や米国民の渡航を制限する国をめぐり、「日本などの状況を注視している」と述べ、日本も対象とする可能性があるとの考えを示してることは注視しておくべきだろう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below