May 6, 2020 / 11:41 PM / a month ago

売り一巡後は経済再開への期待感も高まりやすく


*08:35JST 売り一巡後は経済再開への期待感も高まりやすく
 7日の日本株市場は、不安定な相場展開になりそうだ。6日の米国市場は、NYダウが218ドル安だった。全米で経済活動再開の動きが一段と強まるとの期待に上昇して寄り付いた。ハイテク株を中心に買いが広がったものの、4月ADP雇用統計で民間部門の雇用者数が2020万人減と過去最大の減少を記録し、今週発表される4月雇用統計への警戒感から引けにかけて下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比270円安の19360円。円相場は1ドル106円00銭と円高に振れて推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、売り先行になりそうである。4月ADP雇用統計の結果を受けて、週末に発表される雇用統計を警戒する流れになりやすく、売り一巡後も押し目買い意欲は強まりそうもないだろう。また、国内では予想通りではあったが、緊急事態宣言が延長された。改めて嫌気する流れにならないだろうが、各国が経済活動再開の動きをみせてきているだけに、売り仕掛け的な動きには注意しておきたいところであろう。

 ただし、ゴールデンウイーク期間での感染封じ込めが先行しているようだと、解除後の経済再開への期待感も高まりやすく、押し目拾いのタイミングを見極めるスタンスに移行してくると考えられる。短期筋の売り仕掛け的な局面においては、底堅さが意識されてくる展開も意識してきたい。また、決算発表が本格化してくるため、業績悪化を織り込んだうえで、来期以降の急回復を想定した物色に向かうかを見極めたいところ。

 楽観視は出来ないだろうが、アク抜け的な動きが目立ってくるようだと、大きく売り込まれていた銘柄等へは、見直しの流れが期待されてくる。また、個人主体の中小型株においても、値ごろ感からの買いが活発化してくることが期待される。その他、治療薬や抗体検査薬に絡む報道も多く、これに関連する銘柄への資金集中の動きも一段と強まりそうである。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below