May 19, 2020 / 12:01 AM / 10 days ago

低迷していたセクターへの買い戻しの流れが強まる可能性


*08:54JST 低迷していたセクターへの買い戻しの流れが強まる可能性
 19日の日本株市場は、堅調な相場展開が見込まれる。18日の米国市場ではNYダウが911ドル高と大幅に上昇した。バイオ製薬のモデルナは、開発中の新型ウイルスワクチンの初期段階治験で、良好な結果が得られたことを発表し急伸し、市場全体のけん引役となった。また、アップルが米国内25店舗を再開するなど、経済活動の再開で景気回復期待が広がった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比430円高の20640円。円相場は1ドル107円30銭台で推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、買い優勢の相場展開になりそうだ。日経平均はテクニカル面で75日線が上値抵抗として意識されていたが、この水準を捉えてくる展開が意識される。また、一目均衡表では雲上限に上値を抑えられていたが、これを突破してくることになり、シグナル好転からセンチメントを明るくさせそうだ。

 米国ではS&P500指数は3%を超える上昇をみせており、セクターでは自動車・同部品、エネルギー、銀行等の強さが目立っている。ハイテクなどに特化した物色ではなく、これまで低迷していたセクターへの買い戻しの流れが強まる可能性がありそうだ。日経平均がもち合いレンジを上放れる動きをみせてくことにより、足元で活発な物色がみられている中小型株についても、個人主体の活発な売買が期待されるところである。

 もっとも、出来高は低水準の状況が続いており、昨日の東証1部の売買代金は2兆円を辛うじて上回る水準であった。インデックス買いから強含みの展開が意識される一方で、出来高を伴った上昇を見せてくるかは見極めが必要である。また、昨日決算を発表したソフトバンクG9984もインデックス買いの影響から押し上げられそうだが、買い一巡後の動向には注目する必要がありそうだ。

 日経平均は直近の戻り高値を捉えてくるため、強弱感は対立しやすいところ。ギャップアップで明確に上放れ、その後の底堅さがみられてくるようであれば、買い戻しの流れが一段と強まる相場展開が見込まれよう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below