May 19, 2020 / 11:57 PM / 8 days ago

次第に下落幅を縮めてくる展開を想定


*08:51JST 次第に下落幅を縮めてくる展開を想定
 20日の日本株市場は、米国市場の下落影響から売りが先行しようが、その後は底堅さが意識される展開になりそうである。19日の米国市場ではNYダウが390ドル安と反落した。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が上院銀行委員会での証言で追加措置の可能性を示唆したほかムニューシン米財務長官が中間層対象の減税の可能性に言及したことが好感され、前日終値を挟んでもみ合う展開のなか、モデルナが開発中のウイルスワクチンへの懐疑的な報道が嫌気され急落した

 シカゴ日経225先物清算値は大阪比145円安の20385円。円相場は1ドル107円80銭台で推移している。シカゴ先物にサヤ寄せする格好から売りが先行することになろうが、2万円接近では底堅さが意識されやすいだろう。モデルナに対するネガティブな報道のほか、治療薬候補アビガンについても、臨床研究で明確な有効性が示されていないことが分かったと伝えられており、上値の重石になりそうである。富士フイルム4901などには、短期的な売り仕掛け的な動きも想定しておく必要があるだろう。

 一方で、改めてバイオ株やコロナ防衛関連に対する関心が強まりやすく、材料系の銘柄等へは個人主体の資金が集中しやすいところである。また、足元で利食いが優勢となっているテレワーク関連なども自粛長期化への思惑から物色が再燃する流れも意識されてこよう。

 とはいえ、緊急事態宣言解除から経済活動再開に向けた流れは継続。原油相場の上昇など相場全体としては金融市場の安定化から落ち着きをみせてきており、ショートポジションは積み上がりづらいと考えられる。また、本日は調整が意識される中で、日銀のETF買い入れが意識されてくるだろう。買い入れタイミングが切上がっていることも売り仕掛けづらくさせそうである。そのため、利食い一巡後は底堅さが意識され、次第に下落幅を縮めてくる展開を想定しておきたいところである。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below