June 4, 2020 / 11:51 PM / a month ago

利食い優勢も押し目狙いの資金流入が改めて意識されやすい


*08:44JST 利食い優勢も押し目狙いの資金流入が改めて意識されやすい
 5日の日本株市場は、利食い優勢ながらも底堅い相場展開が見込まれる。4日の米国市場ではNYダウが11ドル高だった。米国の失業保険継続受給者数が予想外に増加したため雇用市場の速やかな改善期待が後退、失望感から売りが先行。その後は前日終値を挟んで終始もみ合う展開となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比35円安の22725円。円相場は1ドル109円10銭台と円安に振れて推移している。

 昨日は寄り付きをほぼ高値に利食い優勢の展開となっていたが、節目の23000円に接近する中では、いったんは利益確定を進める流れは想定内だろう。また、急ピッチの上昇の中、来週にはメジャーSQを控えているため、ヘッジの動きも出てくると考えられる。米国市場はもみ合いの流れとなったが、これによる利益確定の流れが強まるといった展開は考えづらいところ。

 一方で投資主体別売買動向では海外勢が現物と先物合算で、2週連続の買い越しだった。足元でも海外勢の買い越し基調が続いているとみられるため、買い越しに転じている海外勢の需給が下値の堅さにつながりそうである。米雇用統計を控えているため手掛けづらさはありそうだが、積極的に売り仕掛けてくる流れにもなりづらく、新型コロナの影響を大きく受けていたセクターや銘柄などへの循環物色は続こう。

 また、週末要因もあって新興市場の中小型株等には、利益確定の流れが強まる可能性がある。ただし、資金回転が効いている需給であり、センチメント悪化にはつながりづらい。一方で、調整局面においては、押し目狙いの資金流入が改めて意識されやすいところであろう。材料等を手掛かりに急伸した銘柄等は、その後も調整幅も大きそうであり、冷静に押し目を狙うスタンスになりそうだ。

 その他、日経平均はテクニカル面では上昇する25日線が支持線として機能する形での強いトレンドを形成。過熱感が警戒されるものの、トレンドは強い。上値追いは慎重ながらも調整局面においては押し目買い意欲は強いだろう。これが25日線を割り込み、22000円を下回ってくるようだとセンチメント悪化が警戒されてくるが、それまでは押し目狙いのスタンスで、現在のトレンドに追随する格好だろう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below