for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中小型の出遅れ銘柄を探る動き


*09:00JST 中小型の出遅れ銘柄を探る動き
 12日の日本株市場は、波乱含みの相場展開になりそうだ。11日の米国市場では、NYダウが1861ドル安と大幅下落になった。テキサス州など比較的早期に経済活動を再開した地域でウイルス感染による入院患者数が増加傾向にあることが嫌気されたほか、米連邦準備制度理事会(FRB)が景気に悲観的見通しを維持しており、V字型回復期待が大きく後退した。シカゴ日経225先物清算値は大阪基準値比670円安の21640円。円相場は1ドル106円80銭台と円高に振れて推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、ギャップダウンからのスタートとなり、日経平均は一気に25日線レベルまでの調整を余儀なくされそうだ。足元での急ピッチの上昇に対する警戒感が高まっていたとはいえ、マドを空けての下落であり、さらにSQに絡んだ売買によってより下へのバイアスが強まる可能性がありそうだ。25日線レベルでの押し目狙いのスタンスとはいえ、押し目も狙いづらいところであろう。

 もっとも、昨日の大幅下落、グローベックスの米株先物の大幅な下げにより、ある程度は想定していた面もあり、ロングポジションを縮小する動きもあったと考えられる。そのため、センチメントは悪化傾向に向かいそうであるが、売り一巡後の底堅さを見極めるスタンスになりそうだ。

 また、インデックスの影響を受けづらい中小型株においては、これまで強い上昇を続けていた銘柄等へは利益確定の動きが強まる可能性があるだろう。それでも底堅さがみられた銘柄においては、より短期資金が集中することになりそうだ。また、足元で出遅れが目立っていた銘柄等には、需給が大きく買いに傾いていないこともあって下値も限られるとみられ、押し目買いに向かわせそうである。

 そのほか、日銀は11日、保有する上場投資信託(ETF)を証券会社などに12日から貸し出しを始めると発表した。日銀によるETFの保有比率が高まり、市場の流動性が低下していることを警戒する声もあったが、需給面に影響を与えてくることになるため、しばらくは動向を見極めることになりそうだ。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up