July 20, 2020 / 11:48 PM / a month ago

GAFA銘柄等の上昇が支援材料に


*08:41JST GAFA銘柄等の上昇が支援材料に
 21日の日本株市場はハイテク主導による底堅い相場展開になりそうだ。20日の米国市場はNYダウが8ドル高だったが、ハイテク主導の上昇により、ナスダックは263Pt高と大幅高となった。売りが先行したが、ウイルスワクチン開発の治験で良好な結果が発表されたほか、米国政府・議会が追加財政策の協議を開始したことが好感され上昇に転じた。アマゾンやアルファベット、テスラが上昇をけん引しており、ハイテク株への支援材料になりそうだ。シカゴ日経225先物清算値は大阪比140円高の22790円。円相場は1ドル107円20銭台で推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好からギャップスタートとなろう。GAFA銘柄等が軒並み強い値動きをみせていたこともあり、指数インパクトの大きい値がさハイテク株への物色に向かわせやすく、日経平均を押し上げる格好になりそうだ。もっとも、レンジ上限である23000円を窺う展開を想定する向きはなく、買い一巡後は5日線レベルでの底堅さを見極める流れといったところだろう。

 買い一巡後は次第にこう着感が強まりやすく、短期筋の売り仕掛け的な動きも出やすい場面もあろうが、テスラなど決算前にしての強い値動きであり、米国市場の動向に振らされやすい需給状況の中では売り込みづらいところであろう。また、4連休を控えていることから積極的な売買は手控えられやすく、短期的な値幅取り狙いの売買が中心となろう。本日は上昇が見込まれることから後場は日銀のETF買い入れによる需給面での下支えはなく、次第にこう着となりそうだが、指数インパクトの大きい値がさ株の動向次第では強含みの展開も意識しておきたいところ。

 物色は先物主導によるインデックス売買のほか、こちらも連休を控えての短期的な値幅取りにとどまるだろうが、昨日見られた5G関連の他、個別に材料の出ている銘柄等へは、個人主体の資金が集中しやすい。ただし、物色対象は広がりづらいと考えられるため、一部の材料株に資金が集中しやすい。値幅は出やすいものの、資金の逃げ足の速さには注意しておく必要があるだろう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below