for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

経済政策が継続するとの見方が先高期待につながりやすい


*08:49JST 経済政策が継続するとの見方が先高期待につながりやすい
 3日の日本株市場は堅調な展開が見込まれる。2日の米国市場では、NYダウが454ドル高と大幅に上昇したほか、ナスダックも堅調な展開。8月ADP雇用統計が予想を下回ったものの、7月耐久財受注改定値や7月製造業受注が予想を上回り上昇して寄り付いた。さらに、連邦準備制度理事会(FRB)が公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)でペースは緩慢ながら全米の経済活動の拡大継続が確認されたことが好感され、引けにかけ上昇幅を拡大している。シカゴ日経225先物清算値は大阪比205円高の23505円。円相場は1ドル106円20銭台とやや円安に振れて推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好からインデックス買い主導で強含みの展開になりそうだ。直近戻り高値水準を突破してくる可能性が高く、ショートカバーを交えての上昇が期待されやすい。買い一巡後は次第にこう着感が強まりやすいだろうが、これまでのもち合いレンジが切り上がる格好となり、押し目買い意欲も強まりやすい。また、ADRではファーストリテ
9983が強い動きをみせており、日経平均を押し上げる格好になりそうだ。8月の国内の既存店売上高が前年同月に比べ29.8%増えたことが好材料視されている。

 昨夕、菅官房長官は記者会見し、自民党総裁選への出馬を表明した。会見では安倍総裁が全身全霊をかけて進めてこられた取り組みをしっかり継承すると訴えており、現在の経済政策が継続するとの見方が先高期待につながりやすいだろう。次期総裁の有力候補として株式市場は材料視しやすく、加えてもち合いレンジを上放れてくることから、買い戻しを誘いやすい。

 また、米国ではクオリティ株への物色からバリューシフトもみられている。国内では先日のバフェット氏による大手商社5社の株式取得をきっかけにバリュー志向が意識されてきていただけに、リバランスというよりはバリュー株への見直しを交えての全体の底上げを意識しておきたい。そのほか、政策に絡んだ物色が強まりやすく、デジタルトランスフォーメーション(DX)に絡んだ銘柄などが注目されやすい。また、中小型株については値動きの荒さが目立ってきており、資金の逃げ足の速さが目立っいる。物色対象が大きく切り替わる可能性もありそうだ。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up