for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

一先ずテクノロジー株の足元での下落基調は落ち着いた格好


*08:41JST 一先ずテクノロジー株の足元での下落基調は落ち着いた格好
 10日の日本株市場は、やや強含みの相場展開が見込まれよう。9日の米国市場ではNYダウが439ドル高、ナスダックも堅調だった。主要ハイテク株の回復や7月JOLT求人件数が予想を上回り経済封鎖前の水準を回復したため投資家心理が改善。英国の製薬会社アストラゼネカが副作用の懸念から同社開発のコロナワクチンの最終治験を一時中断するとの報道で失望感が広がったが、その後、来週にも試験を再開する可能性が報じられている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比215円高の23185円。円相場は1ドル106円10銭台で推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする形から買いが先行しよう。アップルが4%近い上昇となったほか、テスラが10%を超える上昇となり、一先ずテクノロジー株の足元での下落基調は落ち着いた格好となった。また、「TikTok」を運営する中国バイトダンスは、米事業の完全売却を回避する方策を巡り、米政府と協議を行っていると関係筋の話として伝えられていることから、ハイテク株への支援材料として意識されやすいだろう。

 週末の先物オプション特別清算指数算出(メジャーSQ)を控えているため限月交代に伴いロールオーバー中心の商いであり、大きなトレンドは出にくいと考えられるが、昨日の調整局面においての権利行使価格の22875円処までの調整にとどまっており、波乱含みの展開とはならなかった。一方で、本日は23000円を支持線としたもち合いレンジの上限を意識したスタンスに向かいやすいところ。

 SQ前で仕掛け的な動きは考えづらいところではあるが、新政権による政策期待が高まりやすいところであり、押し目買い意欲は強いだろう。海外勢は日本株をアンダーウエイトしているとみられるため、ややロングを意識したスタンスに向かう可能性も期待されるところであり、レンジ推移ながらもやや強含みの展開になりそうだ。物色の流れとしてはTikTokの報道を受けてハイテクセクターに関心が集まりやすいだろうが、上値の重さが意識される局面においては新政権への期待を背景としたバリューシフトが意識されやすいだろう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up