for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

買い一巡後は戻り待ちの売り圧力が警戒される可能性も


*08:18JST 買い一巡後は戻り待ちの売り圧力が警戒される可能性も
 29日の日本株市場は買い先行で始まろうが、その後はこう着感が強まりやすいだろう。28日のNY市場ではNYダウが300ドル高だった。一部投機の過熱を受け、証券取引委員会(SEC)が他の当局とともに進行中の市場動向を監視しているとの声明を出したほか、ペロシ下院議長が議会でも調査を進める方針を示したため、金融市場混乱への警戒感が後退。投機色の後退で投資家の恐怖指数であるVIX指数も低下し、終日堅調に推移した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比345円高の28395円。円相場は1ドル104円20銭台で推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする形からギャップアップとなり、前日の下落部分を吸収する格好になりそうである。ただし、昨日の28000円割れで短期的には自律反発が試される水準であり、自律反発は想定線でもあるため、買い一巡後は戻り待ちの売り圧力が警戒される可能性がありそうだ。また、足元で底堅さが意識されていた28500円辺りが昨日の下落によって抵抗として意識されやすく、同水準を明確に上放れてくるかによって、センチメントに影響を与えることになるだろう。

 また、日米ともに決算発表が本格化しており、特に指数インパクトの大きいコア銘柄の決算であるため決算内容に振らされやすい。昨日の決算では東エレク
8035、アドバンテスト6857が評価されやすく、日経平均をけん引してくるかが注目されるところ。また、SOX指数は上昇しているが米アップルは決算での慎重な見通しが嫌気されていることもあり、グロース株への手掛けづらさも警戒されるほか、ややバリューシフトが意識されている状況である。

 物色は昨日下げの目立っていた銘柄を中心に自律反発が意識されやすいだろうが、ワクチンに関する報道によってワクチン関連へは短期的な資金が向かいやすい。また、バリューシフトが強まるようだと、足元で強い値動きが続いていたハイテクセクターなどへは、利益確定の流れに向かわせやすいと考えられるため、決算を手掛かりとした日替わり物色のなかでも、全体の資金シフトを見極めたいところである。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up