for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米クオリティ株主導の上昇が安心感に


*08:15JST 米クオリティ株主導の上昇が安心感に
 12日の日本株市場は、底堅い相場展開が見込まれよう。11日の米国市場ではNYダウが188ドル高となり、連日で最高値を更新したほか、ナスダックも大幅に上昇している。週次の新規失業保険申請件数が減少したほか、1月JOLT求人件数も予想外に増加するなど良好な雇用関連指標が好感された。その後、バイデン大統領が1.9兆ドル規模の追加経済対策法案に署名し成立すると回復期待が強まり、上げ幅を拡大している。長期金利の動向も混乱は沈静化していることもあり、マイクロソフト、アップル、フェイスブック、アマゾンなどクオリティ株が上昇を主導している。シカゴ日経225先物(6月限)清算値は大阪比65円高の29105円だった。円相場は1ドル108円50銭台で推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする形から買い先行の展開が見込まれ、日経平均は先物とのスプレッドを考慮した場合、25日線辺りが意識されてきやすいだろう。足元では75日線が支持線として意識される一方で、25日線が上値抵抗として機能していることもあり、同線を捉えてくるようであればセンチメントの改善につながることも期待される。もっとも、SQに絡んだ商いは買い越しが想定されることから、SQ値が高くなる可能性がある。幻のSQとなるようだと年度末も近づいていることもあり、ポジションを圧縮している展開も想定しておく必要はあるだろう。そのため、心理的にはSQ値の突破を見極めたいところである。

 物色の流れとしてはナスダックのリバウンドの流れを受けて、ハイテク株へは押し目買いの流れが意識されやすいところである。足元で弱いトレンドが続いているマザーズにおいても、SQ通過により需給が軽くなるとみられ、指数寄与度の大きい時価総額上位銘柄へは自律反発狙いの動きが出てきそうである。そのほか、来週にはFOMCなど経済イベントを控えて手掛けづらいところではあろうが、米国の追加経済対策の成立による景気回復期待のほか、ワクチン接種が進んでいることによる経済活動の正常化への期待も強く、押し目買い意欲は次第に高まってくるだろう。また、期末意識が高まってくることから、配当志向の物色も増えてくることが考えられる。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up