for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

需給要因もあって堅調な相場展開が見込まれる


*08:17JST 需給要因もあって堅調な相場展開が見込まれる
 29日の日本株市場は、堅調な相場展開が見込まれる。26日の米国市場はNYダウが453ドル高だった。バイデン大統領がワクチン接種目標を従来の2倍に引き上げたほか、3月ミシガン大学消費者信頼感指数がパンデミック前の水準に戻したため、強い回復期待が広がった。また、長期金利の上昇がハイテク株の上値を抑制する局面もあったものの、引けにかけて買いの流れが強まっている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比315円高の29415円。円相場は1ドル109円70銭台で推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする形から買い先行の流れとなり、日経平均は29410円辺りに位置している25日線を突破してくる可能性が高そうである。先週は週前半の調整で75日線まで下落し、同線を支持線にリバウンドをみせていた。目先の抵抗線として意識されやすい25日線をギャップスタートで超えてくるようだと、センチメントを明るくさせることにつながりそうである。円相場は1ドル109円70銭台と円安傾向を強めてきていることも、輸出関連などへの支援材料になりやすいだろう。

 また、期末要因からリバランス中心の売買ではあるものの、本日は配当の権利付き最終日となることから配当志向の物色が意識されるほか、本日と明日は配当の再投資に伴う需給要因も見込まれるため、売りを仕掛けてくる流れにはなりづらい。ギャップスタート後も底堅い相場展開が見込まれるため、次第に押し目買いの流れについても下値を切り上げてくる可能性はありそうだ。

 また、米国の長期金利上昇に伴うハイテクなどグロース株への戻りの鈍さを警戒した流れもありそうだが、ナスダックの上昇やSOX指数も強い動きをみせていた。足元の調整で割安感が目立ってきたハイテク株などへの押し目狙いの動きもみせてくることが期待される。ナスダックの上昇などは、マザーズなど中小型株の見直しにも影響してくることが見込まれそうである。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up