for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

MSCIのリバランス影響は警戒されるも通過後を想定した押し目狙い


*08:28JST MSCIのリバランス影響は警戒されるも通過後を想定した押し目狙い
 27日の日本株市場はこう着感の強い相場展開が見込まれる。26日の米国市場ではNYダウが10ドル高と小幅に上昇。新型コロナワクチンの接種が進み、経済活動の正常化を後押しするとの見方から買いが先行して始まったが、NYダウは最高値圏に位置していることもあり、利益確定の売りも出やすく上値の重い展開。一方、ナスダックは長期金利が安定していることを背景に終日堅調に推移した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比20円高の28610円。円相場は1ドル109円10銭台で推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする形からやや買い先行で始まろう。ただし、本日は大引け値でMSCIのリバランスが行われるため、この需給影響を見極めたいとする模様眺めムードが強まりやすい。昨日の日経平均は日中値幅の小ささが目立っていたが、日経225先物はナイトセッションでの値幅は100円にとどまっており、短期筋の仕掛け的な売買さえも入りづらいところである。

 しかし、米ハイテク株の底堅い値動きを受けて、押し目買い意欲は強そうである。日経平均は5月13日安値をボトムとしたリバウンド基調が継続しており、これまでの上値抵抗だった28500円レベルを突破し、昨日は25日線を捉える値動きを見せた。目先的には25日線到達によりいったんは達成感も意識される可能性はあるものの、5日、25日線は収れんしてきているため煮詰まり感が台頭。米ハイテク株を見直す動きが支援材料となるようであれば、25日線突破からの29000円を意識したスタンスに向かいやすいところである。

 そのため、利食いに押される場面においては押し目拾いのスタンスで臨みたいところである。また、MSCIのリバランス影響は警戒されるものの、リバランス通過後の需給改善を狙った押し目買いも見られるほか、先回り的にショートを入れていた向きのカバーも意識されることから、こう着感の強い相場展開ながらも底堅さが意識されやすい。そのほか、インデックスに振らされにくい中小型株へは個人の値幅取り狙いの資金が向かうことになりそうだ。マザーズ指数は順調なリバウンドから25日線に接近しており、いったんは同線到達での達成感もありそうだが、調整場面での押し目買い意欲は強そうである。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up