for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エーザイの上昇が日経平均を下支え


*08:31JST エーザイの上昇が日経平均を下支え
 8日の日本株市場は引き続きこう着感の強い相場展開になりそうだ。7日の米国市場ではNYダウが126ドル安だった。5月消費者物価指数(CPI)の発表を控えて様子見姿勢が強いなか、足元で株価上昇が続いていた景気敏感株を中心に利益確定の売りに押され、終日マイナス圏での推移となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比120円高の29140円。円相場は1ドル109円20銭台で推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする形から、買い先行で始まることになりそうだ。なお、米食品医薬品局(FDA)は、エーザイ
4523と米バイオジェンが共同開発したアルツハイマー型認知症治療薬候補「アデュカヌマブ」を承認した。米当局がアルツハイマー治療薬を承認するのは初めてとなり、これを受けてバイオジェンは38%超の上昇となった。ナスダッは上昇したものの、バイオ株のインパクトによる影響が大きく、ハイテク株は全般弱含みであった。

 そのため、シカゴ先物にサヤ寄せする形となったとしてもエーザイのインパクトによるところであり、市場全体への物色に広がりをみせてくる動きは期待しづらいところ。昨日の先物市場の手口を見てもロールオーバー中心の取引と観測される。限月間スプレッドの商いも膨らんでいる状況であることから、方向性は出にくいと考えられる。エーザイの上昇分をヘッジする形で先物への買いも見られそうだが、インパクトは限られそうである。

 そのため、日経平均は引き続き75日線を上値抵抗としたこう着感の強い相場展開になりそうであり、物色としては個別の材料株への短期的な値幅取り狙いの売買が中心になりやすいだろう。そのほか、米国では景気敏感株を中心に利益確定の動きが目立っていたこともあり、ややグロース株への物色を意識した動きも出てくる可能性があるため、注目しておきたいところ。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up