August 26, 2019 / 4:33 AM / in 22 days

太洋物産---ストップ高、日米貿易協定の基本合意を材料視、牛肉関税引き下げで業績改善の思惑


*13:26JST 9941  太洋物産  718カ  -
ストップ高。日米が貿易協定で基本合意し、米国産牛肉に対する関税を38.5%から9%まで段階的に引き下げると報じられ、買い材料視されている。同社は食材輸入を手掛けており、牛肉価格の下落が業績の改善に資するとの思惑が広がっている。9日発表の19年9月期第3四半期累計(18年10月-19年6月)の営業利益は前年同期比68.4%減の0.26億円。外食産業向けの牛肉の調達価格の高騰を販売価格に転嫁できず、利益率が低下していた。
《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below