Reuters logo
田淵電機、良品計画、東京製鐵など
2015年1月7日 / 16:42 / 3年後

田淵電機、良品計画、東京製鐵など


7453  良品計画  13430  -1330下落率2位。前日に第3四半期の決算を発表、累計営業利益は178億円で前年同期比10%増益、純利益は同14%増益と3-11月期としては過去最高を更新したもよう。ただ、9-11月期の営業利益は62億円で同4%減と減益に転じている。市場コンセンサスは80億円弱の水準であり、大幅に下回る形となっている。先に観測報道が伝わっており、経常利益は観測報道並みの水準であったが、営業利益は予想外の下振れ幅となる形に。

2282  日本ハム  2730  +161買い優勢。みずほ証券では投資判断を「中立」から「買い」に格上げ、目標株価も2610円から3430円に引き上げている。中期的なROE改善の継続見通し、海外の成長期待の高まりなどを背景としている。また、キャッシュフローの創出力拡大による自社株買いの潜在力などにも注目と。今期営業利益は、中計目標の430億円を上回り490億円に達すると予想。

7205  日野自動車  1600  +74強い動き目立つ。JPモルガン(JPM)では投資判断を「ニュートラル」から「オーバーウェイト」に格上げ、目標株価も1650円から2100円に引き上げている。アジアトラック事業は低迷が続いていたが、タイでの需要回復に加え、主力のインドネシアもインフラ投資拡大に伴って需要回復が今年から本格化すると考えているようだ。インドネシアの大型トラックでトップシェアを誇り、インフラ投資拡大で恩恵を享受する最有力銘柄と位置づけている。

5423  東京製鐵  769  +36買い先行。みずほ証券では投資判断「買い」を継続で、目標株価を730円から870円にまで引き上げている。円安による輸出拡大、今期業績の上振れ期待、田原工場の生産底上げに加えて、原油安による燃料調整費低下でのメリット期待なども指摘。来期経常利益は市場コンセンサス大きく上回るとみているようだ。

8309  三井住友トラストHD  428.6  -12.8さえない。大和では銀行セクターの投資判断を「強気」から「中立」に格下げしている。短期的な相場上昇を経て、一旦は利食い売りの動きが強まる可能性を考慮したようだ。個別では同社のほか、りそなHD8308、みずほFG8411の投資判断を「2」から「3」に格下げしている。同社の目標株価は550円を継続としている。

6946  日アビオ  250  +50急伸。エボラ関連としての位置づけが高い銘柄であるが、本日は火山監視に関連する銘柄として注目度が高まっているもようだ。政府では火山観測研究の基盤整備を本格化させるため、補正予算案で約30億円を計上することが分かったと伝わっている。同社は火山の地熱変化、火口や溶岩ドームの形成状態などを監視するサーモグラフィを手がけており、メリットの享受が期待されているようだ。

6624  田淵電機  1133  +150ストップ高。東証1部への指定変更を発表、TOPIX組み入れ需要発生など、今後の需給改善を先取りする動きとなっている。1月13日より1部に指定替えとなる。比較的個人投資家の人気が高い銘柄であるほか、足元で収益が急拡大していることもあり、機関投資家の資金流入期待は高いといった思惑なども。

6098  リクルートHD  3650  +220しっかり。みずほ証券では、みずほプレミアム・ポートフォリオに同社を追加しているもよう。波乱のスタートとなっている株式市場では、同社のようなサービスセクターを代表する安定成長株が評価されると考えているもよう。第4四半期営業利益の急回復が想定されること、来期も2ケタ増益が見込まれること、純キャッシュの増加に伴ってM&Aでの成長期待が高まることなどを買い推奨の背景と。

6758  ソニー  2552.5  +113しっかり。2014年の家庭用ゲーム機の世界販売台数で首位になったとの報道が買い手掛かり材料につながっているもよう。「PS4」の販売が欧米で好調、販売台数は2000万台を超えたもようと伝わっている。ゲーム機事業の高い競争力が見直されているほか、年末年始の販売も好調とされ、目先の業績インパクトなども期待される状況に。

3436  SUMCO  1805  +72買い優勢。メリルリンチ(ML)では投資判断「買い」継続で、目標株価を1700円から2000円に引き上げている。今年も半導体の数量成長に支えられ、シリコンウェハー需要は拡大が見込まれるとしている。一方で能力増強は無く、ウェハー需給逼迫の確度は高いと指摘へ。コンセンサスは未だかなり低く、今12月期営業利益は480億円と、コンセンサスを100億円程度上回る予想となっているようだ。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below