Reuters logo
マーベラス、島忠、Hameeなど
2017年4月10日 / 06:50 / 7ヶ月後

マーベラス、島忠、Hameeなど


8016  オンワードHD  870  +75急伸。17年2月期の通期決算を発表。営業利益は前期比11.3%増の42.03億円で4期ぶりの営業増益となった。同時に発表した18年2月期の営業利益見通しは、構造改革や不採算ブランドの整理、不採算店舗の撤退等の効果もあり、同35.6%増の57.00億円とし、コンセンサス(30億円程度)を上回っている。また、株式総数300万株(発行済株式総数の2.05%に当たる)の自社株買いの発表も支援材料に。

4587  PD  6250  +1000ストップ高。米J&Jの医薬部門であるヤンセンファーマ社と、複数の創薬標的タンパク質に対して特殊環状ペプチドを創製する創薬共同研究開発契約を締結を発表。契約一時金、マイルストーンフィー、製品化後のロイヤルティー収入への期待感が高まる格好。また、上市後の販売マイルストーン達成により、最大約1260億円(1ドル110円で算出)を受領することも将来的な期待材料となった。

6395  タダノ  1389  +95急伸。みずほ証券は、目標株価を1400から1600円に引き上げている(レーティングは「BUY」継続)北米や中東地域におけるクレーンの受注ペースは、原油価格の底打ちに伴い、16年10-12月以降は回復基調に転じている。調整が続いていた海外向け売上高も、18年3月期下期以降は回復へ転じると予想。また、同証券は国内向け建設用クレーンの需要台数も18年3月期は5%程度増加すると見ているようだ。

6502  東芝  229.7  +13.7大幅続伸。テレビ事業の売却に向けて動き始めたと報じられている。トルコ家電大手ベステルや数社の中国企業が買収に動くもよう。赤字が続いていたテレビ事業の売却による再編進展に期待した買いが向かったようだ。また、投資ファンドのエフィッシモによる買い増しも支援材料に。7日付で同ファンドが提出した大量保有報告書によると、3月31日時点で保有株は9.84%(従来8.14%)となっている。

4187  大有機化  1010  +150ストップ高。17年11月期の第1四半期決算を発表。営業利益は前年同期比93.0%増の7.60億円となった。電子材料事業の販売が当初計画よりも好調に推移したようだ。また、これを受けて上期及び通期の業績予想を上方修正。上期の営業利益は9.87億円から14.42億円、通期は21.66億円から26.22億円としたことを好感する流れ。また、上期配当予想も9円から14円に増額したことも支援材料となった。

6208  石川製  1395  +229急騰。一部報道によると、米当局者が米海軍の攻撃部隊(空母打撃群)がシンガポールから朝鮮半島に向かう見通しであると伝えたようだ。空母「カール・ビンソン」からなる攻撃部隊であるもよう。これを受けて、米国のシリアへのミサイル攻撃を契機に、足元で意識されていた地政学リスクが一段と高まる格好となり、同社など防衛関連銘柄の一角に物色が向かった。

7844  マーベラス  914  +44後場に急伸。ディ・テクノと共同で大人気TVアニメ「おそ松さん」の新作スマホ向けゲームアプリ『しま松(仮)』(タイトルは仮称)を開発・配信すると発表している。公式サイトとTwitterアカウントが開設されているが、現段階では詳細は不明となっている。「おそ松さん」は根強い固定ファンのついている人気コンテンツであることから、期待感が先行する格好に。

8184  島忠  2530  -104急反落。17年8月期の第2四半期の営業利益は前年同期比30.2%減の33.55億円で、上期計画の55.83億円を大幅に下振れた。耐久財である家具等の販売苦戦や日用雑貨用品等の競争環境激化により既存店売上高前年比が8.0%減となったことが主要因。これを受けて通期営業利益見通しも119.81億から85.28億円に修正。野村証券が目標株価を2700円から2500円に引き下げたことも嫌気された。

3134  Hamee  1096  +89急反発。17年4月期の期末配当予想の修正を発表。従来予想の2円から1.50円増額した3.50円に修正しており、これを材料視する流れとなった(前期実績は16年11月の株式分割を考慮すると1.50円)。年間配当も3.50円となる。17年4月期の業績動向が堅調に推移していることから、増配を行うもよう。


《HI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below