Reuters logo
東エレク、東芝、積水ハウスなど
2017年6月12日 / 06:48 / 5ヶ月前

東エレク、東芝、積水ハウスなど


8035  東エレク  16395  -510大幅反落。先週末の米国市場ではSOX指数が4%超の急落となり、東京市場でも同社などの半導体関連を中心に、主力ハイテク株に売りが波及。スマホ市場で目玉となっている高速データ通信機能について、最新「iPhone」では当面実現できない可能性があると伝わったこと、フェイスブックやアップルなど「FAAMG」株の下押しリスクの可能性をゴールドマン・サックス証券が指摘したことなどが米ハイテク株安の背景に。

8795  T&DHD  1711.5  +48.5続伸。UBS証券では投資判断を「ニュートラル」から「バイ」に格上げ、目標株価も1945円から2430円に引き上げている。上場大手生保の中ではESRの水準が最も高く、足元の超低金利環境の中でも資本充足度に懸念はないとしているほか、EVや新契約価値の金利感応度が高く、金利上昇時のバリュエーションのアップサイドも大きいとして、生保セクターのトップピックと位置づけ。米長期金利の底打ちなども支援に。

3903  gumi  1202  -165大幅反落。先週末に決算を発表している。前4月期営業損益は16.5億円の黒字となり、前期の22.3億円の赤字から大きく収益改善している。新タイトルの想定以上の寄与によって、従来予想の13.4億円を上回る着地になった。一方、今第1四半期の営業損益は収支均衡を予想、収益拡大基調が継続すると期待されていただけに、ネガティブな反応が先行した。広告宣伝費の大幅な増加などを想定しているようだ。

7013  IHI  407  +8反発。みずほ証券では投資判断を「中立」から「買い」に格上げ、目標株価も320円から600円まで引き上げている。18年3月期営業利益は過去最高益の見通しだが、低採算案件が一掃される19年3月期にかけ、更なる成長余地が大きいと考えているもよう。19年3月期営業利益は910億円を予想。大和証券、クレディ・スイス証券、マッコーリー証券など、足元では投資判断格上げの動きが目立っている。

6502  東芝  329.1  +28.3大幅続伸。同社の半導体メモリー事業買収に名乗りをあげている米ウエスタンデジタルが、日米連合の買収提案を少なくとも2兆円に増額する意向と報じられている。買収時点では社債の形で資金提供することで、独占禁止法の抵触なども避けられるとの見方。依然としてブロードコムサイドが優勢ではあるが、着実に売却条件などは優位な方向に向かっているとみられている。

3193  鳥貴族  2541  -241急落で一時下落率トップ。先週末に発表した決算内容が嫌気された。17年7月期第3四半期累計営業利益は9.8億円で前年同期比7.3%減益、通期予想は従来の19.6億円から13.2億円、前期比17.2%減益に下方修正。新規出店未達による売り上げの減少、野菜仕入れ価格高騰による原価率の悪化などが背景。下振れは懸念されていたものの、下方修正幅は想定以上との見方が優勢のようだ。

4238  ミライアル  1094  +150ストップ高比例配分。先週末に発表した第1四半期の決算内容が好感された。営業利益は3億円で前年同期比54.4%増益、上半期予想の2.4億円を大きく超過する格好になっている。半導体シリコンウエハ業界の活況に支えられ、ウエハ容器の出荷が伸びたもようだ。会社側では通期予想を公表していないが、コンセンサスの大幅な上振れを織り込む動きに。

3320  クロスプラス  1090  +150ストップ高比例配分。先週末に発表した第1四半期決算がポジティブサプライズに繋がった。営業損益は3.6億円の黒字で前年同期比2.3倍、上半期計画は1.5億円の赤字であった。生産体制の再構築や在庫管理の徹底などで原価率が改善した。業績の季節性などは感じられるが、着実な増益決算を続けるなかで、PERやPBR水準などバリュエーション面での割安感も意識される。

6498  キッツ  990  +92急伸。大和証券が投資判断を「3」から「2」へ格上げ、目標株価も850円から1200円にまで引き上げている。銅価格上昇を受けて4月に国内で値上げを発表しており、19年3月期に向けてピーク営業利益の更新が視野に入ってきたと想定。また、2度の自己株式取得を含めた17年3月期の総還元性向は90%を超えるなど、積極的な株主還元策も評価しているようだ。

1928  積水ハウス  1945  +48反発。先週末に発表している第1四半期決算をポジティブ視する動きが優勢となった。営業利益は338億円で前年同期比26%増益、会社側の上半期計画は5%減益になっており、順調なスタートと捉えられている。収益性の改善が想定以上となっており、市場予想も50億円程度は上振れの水準とみられる。上半期決算発表時での通期予想上方修正などを織り込む動きに。

8181  東天紅  224  +14急騰。東京上野動物園の雌のジャイアントパンダ「シンシン」(11歳)が出産したと報じられている。シンシンの出産は12年7月以来、約5年ぶりとなるもよう。パンダの赤ちゃんが公開されることにより、観光客が増加し、店舗売上増加に繋がるとの期待感が先行したようだ。
《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below