Reuters logo
石川製、東エレク、セレスなど
2017年8月18日 / 07:08 / 1ヶ月前

石川製、東エレク、セレスなど


6208  石川製  1531  +90大幅続伸。政府は2019-23年度の次期中期防における防衛関係費の年平均伸び率について、現在の0.8%増を上回ることを認める方向で調整に入ったと伝わっている。また、日米外務・防衛相協議においては、日本は同盟強化へ自国防衛での役割を拡大する方向が確認されているもよう。今後の国内における防衛費拡大が想定されることで、関連銘柄としての位置づけが高い同社にはあらためて関心が高まる形に。

8750  第一生命HD  1812  -50大幅続落。本日は保険セクターが業種別下落率の上位。コーン国家経済会議委員長が辞任するとのうわさが浮上した他、企業首脳らの相次ぐ離反で二つの政策助言機関が解散に追い込まれており、トランプ政権の先行き懸念が一段と高まる状況になっている。これを受けて、米国市場では長期金利が低下して金融関連が売り優勢となっており、国内金融セクターの中でも金利や株価との連動性が高いとされる同社には売りが集まる展開へ。

8035  東エレク  15150  +130切り返して続伸。米アプライド・マテリアルズが引け後に決算を発表、5-7月期売上高は前年同期比33%増の37億4400万ドルと四半期ベースで過去最高を更新、純利益は同83%増の9億2500万ドルとなった。8-10月期は38.5億-40億ドルの売上高を見込んでいるもよう。売上高、1株利益とも市場予想を上回り、時間外取引で株価は一時4%超の上昇へ。同社など半導体製造装置銘柄にも連想買いが優勢に。

6464  ツバキナカシマ  2361  +82大幅反発。前日に、米国NN社の精密ベアリング部品事業取得完了に伴う業績修正を発表。通期営業利益は従来予想の76億円から66.5億円に下方修正、買収に伴う一時費用の発生が響く形となっている。ただ、一過性となる一時費用20億円を除いたベースでは、76億円から86.5億円に上方修正の格好となる。実態ベースの上振れを評価する動きが優勢のほか、関係当局の承認が順調に下りた点も好感材料となっているようだ。

9984  ソフトバンクG  8721  -21続落。前日にアリババが決算を発表している。4-6月期営業利益は175億円元となり、前年同期比では99%の大幅増益になっている。決算が好感されアリババ株は米国市場で3%近い上昇となった。アリババの株価価値が企業価値の大きなウェイトを占めている同社にとって、含み益の拡大を素直に好感する動きが一時優勢に。なお、その後はマイナスに転じたものの底堅さも意識されている。

6897  ツインバード  942  +142連日の大幅続伸。24日のTV番組に同社社長が登場することが引き続き期待材料視されているようだ。ユニーク家電で台頭する新興家電メーカーとして取り上げられるとみられている。今週に入ってからの株価上昇率は一時50%を超えている。知名度の高まりが株価の一段の評価向上につながっていくとの期待が先行へ。

6619  WSCOPE  2290  +157大幅続伸。リチウムイオン電池材料の需要にポジティブなニュースフローが続いており、引き続きリチウムイオン電池関連は市場の重要な物色テーマとなっている。全般的に手掛かり材料が乏しい中、値幅取り狙いの資金などが集まりやすいようだ。直近では決算を受けて一時急落、新規売りなども増加したとみられる中、ショートカバー圧力の強さに対する関心も高まっている。

3696  セレス  1408  +93大幅反発。後場は買い気配スタートとなり、切り返す展開になった。昼休み中に、仮想通貨取引事業を行う子会社を設立すると発表しており、買い材料視されている。同社は7月に、仮想通貨取引所を運営するビットバンクを持分法適用関連会社化しているが、9月に設立予定の新子会社「マーキュリー」でも、仮想通貨取引所の新規運営を開始する予定。

2780  コメ兵  1653  +27続伸。東海東京証券では投資判断を「ニュートラル」から「バイ」に格上げ、目標株価も1450円から1680円に引き上げている。第1四半期業績が予想を上回ったこと、第2四半期以降の売上総利益率予想を見直したこと、7月の月次売上高が前年同月比20.5%増と好調であったことなどを考慮し、通期業績予想を上方修正している。営業利益は従来予想の12.9億円から16.9億円に増額のもよう。
《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below