Reuters logo
三菱UFJ、JVCKW、アルテックなど
November 29, 2017 / 6:46 AM / 19 days ago

三菱UFJ、JVCKW、アルテックなど


6203  豊和工  1632  -5一時急伸もマイナス転換。北朝鮮が本日の午前3時過ぎにICBMとみられるミサイルを発射したと伝わっている。高度は4000キロを超え、過去最長距離にまで上昇したとの観測。ミサイルは米国に向け発射との関係者コメントなども伝わっているもよう。同社や石川製6208などの防衛関連株には個人投資家を中心に関心が一時高まったが、株式市場全体では、米国市場同様に地政学リスクを意識する動きは限定的となった。

6632  JVCKW  350  +12反発。今年度の国内ドライブレコーダー販売台数を期初計画の前年比1.5倍から2倍に引き上げると一部メディアが報じている。高速道路における「煽り運転」などの事件やトラブルに関する報道などをきっかけに需要が急増しているもようで、10月の販売台数は同2倍に膨れ上がったようだ。需要の拡大期待は高まりつつあったが、あらためて業績寄与が意識される展開になった。

5411  JFE  2595  +144大幅反発。SMBC日興証券では投資判断を「2」から「1」に格上げ、目標株価も2330円から3000円に引き上げている。中国の供給抑制によって、年明け以降は鋼材の国際市況が上昇する可能性が高まってきたとしている。また、鉄鉱石の需給は軟化傾向にあるため、来期はメタルスプレッドが拡大する可能性も高いとみている、なお、同証券では鉄鋼セクターの業種格付けも「中立」から「強気」に格上げ。

8023  大興電通  1462  +37反発。富士通6702が量子コンピューター関連として注目を集めるなか、富士通と特約店契約を締結している同社にも関心が向かったとの指摘も。同社は従来の「検知型」アプローチでは、検出されないサイバーセキュリティの脅威を未然に阻止することができる「AppGuard」関連として注目されている。将来的な量子コンピューターの普及で、サイバーセキュリティの重要性も増すと見られている。

8306  三菱UFJ  784.5  +21.1続伸。米国市場で金融株が買い優勢になった流れを受け、同社など国内メガバンクも総じて買い優勢の動きとなった。米国において、パウエル次期FRB議長が議会公聴会で緩やかな利上げ路線を継続する姿勢を示したことが材料視されている。ハト派的な位置づけがなされていたこともあって、米国長期金利にとってはイエレン路線の継続が安心感につながっているようだ。

8068  菱洋エレク  1956  -178大幅続落。前日に第3四半期の決算を発表、累計営業利益は10億円で前年同期比9%減益となった。通期計画は15.5億円で前期比13%増益と2ケタ増益予想としており、進捗率の低さが嫌気される展開になった。日本やアジアで半導体の販売が減少する形になっている。上半期と比較して減益率は幾分低下したものの、期待ほどの回復には至っていないとの見方に。

6981  村田製  15510  -225続落。モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断を「オーバーウェイト」から「イコールウェイト」に格下げ、目標株価も20000円から17500円に引き下げている。18年度営業利益は2100億円を予想、市場予想の最低水準達成も難しいと考えているようだ。「メトロサーク」は生産トラブルで収益貢献が遅れるとみられること、減価償却費の増加、ソニーから取得した電池事業の赤字継続などを背景としている。

6856  堀場製  6910  -520大幅反落。SMBC日興証券では投資判断を「1」から「2」に格下げしており、マイナス材料視されている。目標株価は7300円を継続。株価が目標株価まで上昇したことに加え、NANDフラッシュメモリーの需給が軟化する可能性が高まっており、SPE向け利益依存度の高いことがリスクになると考えているもよう。半導体関連株安の中で、警戒感をより強める形にもなっている。

9972  アルテック  398  +27大幅反発。本日から開催されている国際ロボット展への出展企業の一社として関心が向かっているようだ。同社は、自律走行型ロボット「CLEARPATH」、オンデマンド梱包機、自動収納庫システムなどを出展しているもよう。業績へのインパクトなどは見極めにくいものの、ロボットなどへの市場の関心が高まる中、期待感が先行する形に。

4188  三菱ケミHD  1224.5  +44.5続伸。前日に事業説明会が開催されている。中期経営計画では20.3期営業利益を3800億円目標としていたが、4300億円に引き上げている。また、20年をめどに売上高で計3000億円分の事業について撤退や売却を視野に入れた再構築を検討とも発表。順調な業績推移なども確認されているもようであり、積極的な資産の効率化を目指した動きなどにあらためて評価が先行する。
《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below