January 18, 2018 / 6:51 AM / 3 months ago

東エレク、リコー、アクロデアなど


8035  東エレク  22850  +615大幅続伸。前日の米国市場ではSOX指数が前日比2.9%の大幅上昇、蘭ASMLが大幅増収増益決算を発表したこと、米アップルが大型投資の計画を発表したことなどが材料視された。こうした米国市場の流れを引き継いで、東京市場でも半導体関連に買いが先行、同社のほか、SCREEN、TOWA、アドバンテスト、SUMCO、ロームなど関連の主力株が軒並み高の展開に。

5301  東海カーボ  1620  -86大幅続落。大和証券が投資判断を「2」から「3」に格下げしていることが嫌気された。目標株価は1680円としているもよう。黒鉛電極事業の改善は株価に織り込まれたとし、ここからは急騰した製品価格の下落がリスク要因として高まると想定しているようだ。18.12期営業利益は500憶円まで上方修正しているが、19.12期は減益となる460億円を予想。

6800  ヨコオ  2087  +400ストップ高。SMBC日興証券が投資判断を新規に「1」、目標株価を3000円としており、評価が高まる格好になったようだ。5G関連銘柄として位置づけており、とりわけ、コネクティッドカー/自動運転の実現、高周波数帯域の利用は大きなビジネス機会になるとしている。22.3期営業利益は51億円と、年平均成長率+15.2%を予想、20.3期は19年ぶりの最高益更新とみているようだ。

3067  東京一  760  +68大幅続伸。朝のTV番組で取り上げられて、個人投資家中心に関心が高まる展開になったようだ。都内を中心に出店している「とらふぐ亭」が紹介されている。国内でとれたフグは全て山口県下関の市場に集められるが、同社は自社の養殖場から直接出荷することにより、新鮮なものを提供することができるもよう。昨年10月にはNYに鮮魚レストランを出店とも伝わっている。

3823  アクロデア  445  +80ストップ高。ユニヴァ・ペイキャストと提携して、中国最大の決済サービス「アリペイ」の提供を開始すると前日に発表。ユニヴァ・ペイキャストは、中国市場向けの越境EC、訪日中国人向けのインバウンドビジネスに有効的な課金決済サービスを国内企業向けに提供している。中国人の消費需要の取り込みが期待される状況に。なお、直近では業績上方修正が好感されて一時急騰した経緯もある。

4042  東ソー  2443  -123伸び悩んで大幅続落。4-12月期営業利益は前年同期比26%増の900億円前後になったもようとの観測報道が伝わっている。ウレタン原料価格が需給の引き締まりで上昇していることが好業績の背景に。通期計画1180億円を据え置く公算とされているが、上振れの可能性は高まる状況に。ただ、上半期は前年同期比32%増益で、通期コンセンサスは1230億円前後。想定の範囲内との見方から出尽くし感が優勢に。

3825  REMIX  869  +149一時ストップ高。ビットコイン価格の下げ止まりなどを映して、仮想通貨関連として安心感も高まる状況となっている。同社に関しては、第9回新株予約権について15日の大量行使で全ての権利行使が完了したと発表しており、需給改善期待なども高まっているもよう。また、直近では一部証券紙のインタビュー記事で、連結売上高が今3月期、来期と2倍近い成長が続く見通しで、19.3期は200億円が視野とも伝わっている。

7752  リコー  1057  -65大幅続落。19年3月期営業利益は今期予想比5倍強の500億円以上になりそうだとの観測報道が伝わっている。人員削減に伴う一時的なリストラ費用がなくなるほか、販売や生産拠点見直しによる採算改善効果も示現する。ただ、市場コンセンサスは790億円程度とされており、評価する動きは限定的となっている。利益水準は16年3月期の半分以下であり、業績変化率の高さもサプライズは乏しいもよう。

4508  田辺三菱  2256  -603日続落。UBS証券では投資判断を「ニュートラル」から「セル」、目標株価も2550円から1700円に引き下げている。S1P1調整剤amiselimodの上市予想を2019年度から2022年度へ変更するとともに、成功確率を引き下げているもよう。また、ラジカバの独占販売期間は短く、この先12カ月で期待はピークアウトすると考えている。パイプライン資産高騰を考えると、成熟には時間を要すると判断。

6871  マイクロニクス  1236  +403日ぶり大幅反発。半導体関連株が総じて上昇するなか、買い戻しなども交えて買い優勢となっている。また、クレディ・スイス証券は投資判断「アンダーパフォーム」継続ながら、目標株価を755円から900円に引き上げた。18年9月期営業利益は市場コンセンサス未達を想定するが、第2四半期までの想定以上の受注増加、生産数量増加によるMEMSプローブカードの需要増から業績予想をやや上方修正しているようだ。
《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below