April 26, 2018 / 6:53 AM / 7 months ago

東エレク、Vコマース、マネックスGなど


8035  東エレク  21050  +1635大幅反発。前日発表の決算が好感されている。前3月期営業益は2812億円で前期比81%増益、市場予想も上回る着地となっている。また、今3月期は3660億円で同30%増益の予想、市場予想を350億円程度上回る水準。もともと今期見通しには強気なスタンスが示されてはいたが、想定以上のガイダンスにサプライズが強まる。前期の配当金624円に対して今期は823円の計画、配当利回り水準にも妙味が強まる格好へ。

2413  エムスリー  4150  -285大幅続落。前日に決算を発表、前3月期営業利益は297億円で前期比18.6%増益。従来計画290億円は上回ったが、市場予想(310億円)には達しなかった。1-3月期増益率は前年同期比12.8%増益にとどまり、四半期ごとに増益率は鈍化する形に。今3月期は317億円で前期比6.8%増益の予想、市場予想を50億円超下回っている。IFRS9号の適用も影響しているが、高成長期待の後退が意識される形に。

7102  日車輌  300  -41大幅反落。前日に18年3月期決算を発表。営業益は67億円で前期(51億円の赤字)から大幅な黒字転換に。鉄道車両事業における部品販売や建機事業が順調に推移し、従来予想(42億円)を大きく上回る着地に。一方、19年3月期は28億円で同58%の大幅な減益を予想。鉄道車両事業やエンジニアリング事業が減収となるほか、前年度発生の引当金の戻入益一巡が主因となる。想定外の大幅減益が嫌気されている。

4185  JSR  2034  -300大幅続落で下落率トップ。前日に決算を発表しているが、実績・計画ともに市場予想を大幅に下回っており、ネガティブなインパクトにつながっている。前期営業利益は436億円で前期比21%増益、会社計画430億円は上回ったが、1-3月期は前四半期比較で50%超の減益となるなど想定を下振れた。今期は480億円で前期比10%増益の見通しだが、550億円程度の市場予想は大幅に下回る水準となっている。

2491  Vコマース  1651  +300ストップ高。前日に発表した第1四半期決算がポジティブサプライズとなった。営業利益は8.3億円で前年同期比71%増。上期計画10.5億円(同17%増)に対する進捗率は8割近くに達している。「Yahoo!ショッピング」をはじめとするオンラインモール向けにサービスを提供するECソリューション事業が大きく伸びて業績をけん引。今後の大幅な上方修正期待などを織り込む動きとなっている。

6807  航空電子  1911  +270大幅反発。前日に18年3月期決算を発表している。営業益は206億円で前期比71%増となり、従来予想の195億円を上回った。一方、19年3月期は200億円で同3%減を見込む。減益予想ではあるものの、携帯機器向けコネクタの減少などは織り込み済みで、市場予想はやや上回る水準のようだ。自動車向けや産業機器向けなどで高い増収率を計画しており、ガイダンスリスクに対する過度な警戒感が後退したもよう。

6730  アクセル  996  +96一時ストップ高。ブロックチェーン事業を開始すると発表し、期待材料視されている。モナコインのマイニングプールとして高いシェアを持つVIPPOOLの運営権を譲り受ける方向で協議しており、各種アルトコインなどに最適化したマイニングハードウェアの販売や、自社マイニング、ブロックチェーン支援サービスなどに進出することを予定している。新規事業の推進にあたり子会社を設立する方向でも検討しているという。

8698  マネックスG  670  +100ストップ高。前引け後に発表した決算が買い材料視されている。18年3月期の税引前利益は86.3億円で前期比8.1倍となった。1-3月期では31.9億円で前年同期比11倍の水準となっている。従来未定としていた年間配当は前期の5.2円から10円に引き上げた。19年3月期の業績見通しは非開示だが、想定以上の好決算を受けて、改めて仮想通貨事業進出による一段の業績飛躍が期待される形に。

3134  Hamee  1572  +74急伸。東海東京証券は投資判断「アウトパフォーム」を継続し、目標株価を1950円から2600円に引き上げている。市場ではコマース事業について新型iPhoneの販売低迷の影響を気にする向きがあるが、好調な直近業績から考えて過度な懸念は不要と考えているようだ。また、19年4月期は自社開発ソフトウェア「ネクストエンジン」の販売が加速するとみられ、2割前後の営業増益が可能としている

2359  コア  1464  +107急伸。前日に決算を発表し、18年3月期営業利益は13億円で前期比12.6%増と会社計画線で着地した。ただ、第3四半期までが8億円(前年同期比4.4%減)と進捗が低く、第4四半期の収益拡大がポジティブに評価されている。また、19年3月期は15億円で前期比15.0%増と5期連続での2ケタ増益を予想。年間配当も前期比5円増の25円を計画している。次世代車載システム分野の拡大などが好業績の背景にある。
《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below