May 15, 2018 / 7:22 AM / 5 months ago

パイオニア、村田製、サイバーなど


6773  パイオニア  162  -16大幅反落で年初来安値更新。前日に18年3月期決算を発表。営業益は11.9億円で前期比71.3%減と4月26日に下方修正した水準で着地。OEM・市販ともにカーナビ不振で、タイパーツの上昇なども響く。19年3月期は50億円の営業赤字を計画。市場予想は70億円程度の黒字だった。カーエレの利益改善策を実施する計画で、最終損益は未定としている。資本毀損リスクなどに不透明感が残り、見切り売りが優勢に。

6981  村田製  15835  +2956日続伸。みずほ証券が投資判断を「中立」から「買い」に格上げ、目標株価も15000円から18000円に引き上げている。最近の海外企業の1-3月期決算や統計データによると、スマートフォンの底入れの条件が整ってきたと考えており、需要構造変化を受けてのセラミックコンデンサを中心とした中期的な業績拡大を期待するとしている。今期営業利益予想は会社計画並みの2400億円に上方修正した。

4751  サイバー  5980  -1703日ぶり反落。本日早朝にMSCIへの新規採用が発表される。需給発生日は5月31日の大引け、480万株程度の買い需要が発生するともよう。需給改善にはつながるものの、従前から採用期待は比較的高く、先回り買いの動きもあったとみられ、本日は材料出尽くし感が優勢に。他の新規採用銘柄でも、小林製薬4967や東京センチュ8439は売り先行、相対的に期待が低かったSGHD9143は買い優勢に。

8515  アイフル  387  +143日ぶり大幅反発。前日に18年3月期決算を発表している。営業利益は24.9億円で前期比64.4%減と、5月7日に下方修正した水準で着地した。利息返還関連費用を除くと111億円だった。19年3月期は164億円で同6.6倍の見通しであり、利息返還関連費用を除くベースでは同48%増益となる。期初から市場予想を上回る見通しとなり、利息返還問題の影響が低下するなか先行き期待が高まる展開となっている。

7618  PCDEPOT  599  -111大幅続落で一時下落率トップ。前日に発表した決算内容が嫌気される。18年3月期営業益は29.8億円で前期比12.4%減、19年3月期は24億円で同19.5%減の見通しに。前期は従来予想の24.2億円を上回って着地したが、業績回復が期待された今期も2ケタの減益見通しとなり、失望感が先行している。また、4月全店売上高が前年同月比6.7%減と、4カ月連続で前年割れとなっていることもネガティブ視。

4651  サニックス  327  +35急伸。前日に18年3月期決算を発表している。営業利益は12.5億円で前期比20.2%増となり、従来予想の12.1億円をやや上回って着地した。また、19年3月期は21.9億円で同75.7%の大幅増益見通し。環境資源開発事業などがけん引するとみられる。大幅増益見通しに加え、「継続企業の前提に関する注記」の記載を解消するとも発表しており、信用リスクの低下による買い安心感も高まっている。

6815  ユニデンHD  327  +34急伸。前日に決算を発表しており、18年3月期営業利益は19.9億円で前期比60.6%増、19年3月期は40.4億円と倍増の見通しとなっている。前期実績は従来予想の26.1億円を下回ったが、今期は円高の影響が警戒されていたなかで想定以上の大幅増益予想となっており、見直しの動きが進んでいるようだ。なお、今期の想定為替レートは1ドル=105円と実勢より保守的な水準になっている。

2206  グリコ  5410  -530急落。JPモルガン証券が投資判断を「オーバーウェイト」から「アンダーウェイト」に2段階格下げ、目標株価も6200円から5100円に引き下げていることが売り材料とされている。19年3月期は市場予想を大幅に下回る減益ガイダンスだが、その説明を得るまでの空白は失望売りを誘うと考えている。減益ガイダンスという痛みは耐え難く、同社の戦略執行力への信頼度は低下したと指摘している。

7201  日産自  1125.5  +9.54日続伸。前日に18年3月期決算を発表。営業益は5748億円で前期比22.6%減だが、市場予想を100億程度上回ったもよう。19年3月期は5400億円で同6.0%減の見通し。6200億円程度の市場予想を下回るが、為替前提(1ドル=105円)を考慮すれば想定内と捉えられているようだ。今期年間配当は同4円増の57円を計画。従来の配当方針を大きく上回る水準で、積極的な株主還元姿勢も評価されている。

6334  明治機  415  +80ストップ高比例配分。前日に18年3月期決算を発表している。営業利期は1.8億円で前期比52.3%減となり、先週末に下方修正した水準で着地した。大型工事の売上ずれ込みなどが響いた。一方、19年3月期は5.1億円で同2.9倍と急回復する見通し。株価が安値圏にあることからも、収益回復トレンドの持続を評価した押し目買いの動きが活発化する展開となっている。
《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below