July 12, 2018 / 7:07 AM / 2 months ago

ソフトバンクG、東エレク、ローソンなど


9984  ソフトバンクG  9376  +564急伸。ヘッジファンドのタイガー・グローバル・マネジメントが同社株約10億ドル相当を取得したと伝わっている。株価はアリババなどの資産の価値上昇を反映しておらず、純資産価値を大きく下回っていると指摘しているもよう。同社のADR上昇率は過去1年間で0.1%にとどまっているが、アリババ株は同期間に約30%上昇し、持ち分の価値は約1400億ドルに膨らんでいるとしているようだ。

8035  東エレク  18465  -240大幅続落。全体相場は堅調な動きとなっているものの、同社やSUMCO3436など半導体関連の一角で軟調な動きが目立っている。米国市場では米中貿易戦争による影響が大きいと懸念されている銘柄が売られており、とりわけ、収益面で中国市場の依存度が高い半導体株が軟調、SOX指数は2.6%の下落となっている。国内関連銘柄も同様に収益への影響を警戒視する動きが強まっているようだ。

5020  JXTG  765.4  -28.7大幅続落。原油市況の大幅な下落がマイナス視されている。昨日のNY原油相場は、WTI先物8月限が前日比3.73ドル安と大きく下落、米原油在庫は大幅な減少となったものの、米中貿易摩擦の深刻化により、今後の需要が抑制されるとの懸念が高まったもよう。また、同社に関しては、経営統合する出光興産5019と昭和シェル5002への評価が高まっており、セクター内リバランスの影響なども強まっているようだ。

2651  ローソン  6480  -90続落。前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は127億円で前年同期比22.0%減、市場予想や会社計画をやや下回ったとみられる。次世代システムへの投資増加が、減益幅が大きくなっている要因に。ただ、既存店増収率が通期の会社計画を大きく下回って推移していたことで下振れ懸念は織り込み済み、下げ幅は限定的なものにとどまっている印象もある。

4829  日本エンター  234  +25大幅反発。前日に前5月期の決算を発表、営業利益は1.7億円で前期比8.9%減益、コスト削減進展などで従来予想の1.4億円はやや上回る着地となった。一方、今5月期は2.8億円で同62.9%の大幅増益見通しとしており、一部季刊誌予想の1.9億円などを上回ったことからポジティブな見方が強まっている。売上は横ばい見通しながら、収益率の向上を想定しているようだ。

7718  スター精密  1992  +239大幅続伸。前日に第1四半期決算を発表。営業益は40億円となった。決算期変更の経過期間で前年同期比較はないものの、市場予想は10億円程度上回ったとみられる。つれて、上半期経常利益は45億円の従来予想から57億円に上方修正。欧州向けを中心に工作機械需要が強かった上、想定よりも部材不足などは深刻化しなかったようだ。また、発行済株式数1.63%に当たる60万株を上限とする自社株買いもプラス視。

6183  ベルシス24  1962  +176大幅続伸。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は28億円で前年同期比24%増となり、26億円程度であった市場予想を上回る着地になった。四半期ベースでは再上場後の最高益となっているもよう。粗利益率の想定以上の改善が業績上振れ要因とみられる。価格適正化や生産性の改善効果が表面化しているようだ。継続的な粗利益率改善による通期業績上振れ期待なども高まっているとみられる。

3593  ホギメディ  4010  -700ストップ安。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は12.5億円で前年同期比17.5%減益となった。価格競争の激化などが影響しているとみられる。上半期計画は28.6億円で同1.1%の増益であり、低調なスタートと受け止められているもよう。一方、重点分野である「プレミアムキット」の売上高は順調に拡大、移行が順調に進んでいることなどはポジティブ視されているようだ。

2157  コシダカHD  1267  -218大幅続落。前日に第3四半期の決算を発表、累計営業利益は55.5億円で前年同期比14.1%増益となっている。ただ、第2四半期までの同17.1%増、従来からの通期計画である前期比19.0%増益見通しとの比較ではサプライズも乏しく、目先の出尽くし感が先行する形のようだ。3-5月期では営業利益は同8.5%増にとどまった。カーブスセグメントの収益が伸び悩んだ。

3093  トレファク  717  +57大幅続伸。前日に発表した第1四半期決算が好感材料に。営業利益は3.1億円で前年同期比28.4%増益となり、上半期計画1.4億円、前年同期比12.5%減の水準を大きく超過している。衣料関連を中心に売り上げが拡大したほか、コストコントロールが効いて販管費比率も低下している。会社計画を上回る形にもなっており、業績上振れへの期待感が高まる状況のようだ。
《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below