August 29, 2018 / 6:58 AM / a month ago

イオン、クラレ、邦チタニウムなど(訂正)


下記のとおり修正します。
(誤)ミライアル  1311  +260
(正)ミライアル  1311  +300

4344  ソースネクスト  920  +72大幅反発。東海東京証券では投資判断「アウトパフォーム」を継続で、目標株価を1000円から1600円に引き上げている。9月7日のポケトーク次世代機「ポケトークW」の発売を考慮して、来期以降の業績予想を引き上げているもよう。スペックや使い易さが大幅に向上しており、既存ユーザーの定着度や新規ユーザーの獲得力などが高まるとみている。20.3期営業利益もほぼ倍増となる水準を予想している。

4238  ミライアル  1311  +300急反騰で上昇率トップ。前日に上半期業績予想の上方修正を発表している。営業利益は従来予想の4.5億円から6億円に増額、半導体・シリコンウエハ業界の想定以上の活況が業績上振れの背景、前年同期比では一転して増益となる見通し。第1四半期は2ケタ減益スタートと立ち上がりが低調だったため、業績上方修正にはサプライズも強まる形のようだ。

8892  日本エスコン  867  +150ストップ高比例配分。前日に中部電力との資本業務提携を発表している。中部電力が発行済み株式数の32.08%に当たる2298万株を市場外の相対取引によって取得、同社を持分法適用会社とする。主要株主が売却先となり、売出価格は1150円となっている。不動産事業の共同プロジェクトを推進、ノウハウやリソースの共有化などに取り組んでいく。業容拡大への期待感が先行する形のようだ。

8267  イオン  2359.0  -78.0大幅続落。本日、配当・優待の権利落ち日を迎えており、処分売りの動きが優勢になっている。同社は中間期末に17円配当を実施しているほか、キャッシュバックや割引特典サービスがつくオーナーズカードが株主優待として発行される。本日は高島屋8233、ローソン2651、コジマ7513など、下落率上位が総じて権利落ち銘柄で占められる形となっている。

3627  ネオス  641  -150ストップ安比例配分。大和証券を割当先とする第三者割り当てで、新株予約権を発行すると発表。潜在株式数100万株となる新株予約権1万個を割り当て、約8.6億円を調達する。IoT関連事業の推進に関する投資および費用などに充当するもよう。当初行使価額は859円で、下限行使価額は516円とされている。希薄化は最大で10.55%となる。株価が高値圏にある中、将来的な希薄化を嫌気した処分売りが集まる状況に。

5727  邦チタニウム  1169  +49大幅続伸。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断「ニュートラル」継続で、目標株価を1300円から1350円に引き上げている。国内外での需要堅調によって、今期以降のスポンジチタン出荷数量を1割程度上方修正するとしている。また、MLCCメーカーの高付加価値化戦略は、MLCC向けニッケル微粒粉を手掛ける同社にとっても、品種構成改善に伴うマージン改善につながっていると指摘している。

3393  スターティアH  780  +100ストップ高。中国子会社が、中国でIoT環境を安価かつ簡単に利用できるSIMカードソリューション「China・NB-IoT」の販売取り次ぎを開始したと発表している。中国の大手通信会社の有力代理店との提携関係により実現、日本企業として初となるもよう。今後の普及拡大によって、2021年までに20万カ所への導入を目指すとしている。

5930  文化シヤタ  824  -72大幅反落で一時下落率トップ。2023年満期ユーロ円建転換社債型新株予約権付社債100億円の発行を発表している。転換価額は1040円で前日の終値に対するアップ率は16.07%。潜在株式数の比率は13.41%になる見込み。発行手取り金の使途は子会社の株式取得に充当するとしている。将来的な希薄化を織り込みにいく動きが先行する形に。

3663  アートスパーク  1263  +96急反発。特に目立った材料は観測されてないが、アイサンテクノロジー4667がストップ高買い気配と急伸しており、刺激材料につながっているとみられる。アイサンテクノはKDDI9433との資本業務提携を発表、自動運転関連の取り組みを強化していく方針のもよう。同様に自動運転関連として位置づけの高い同社にも、こうした再編への期待などが高まる状況のようだ。

3405  クラレ  1652  +45大幅続伸。野村證券では投資判断を「ニュートラル」から「バイ」に格上げ、目標株価は1870円としている。株価下落で割安感が出てきたこと、エバール樹脂の好調による業績修正などが背景のもよう。また、液晶パネル価格は18年7月に上昇に転じ、液晶パネルの需給も最悪期を脱しているとし、業績の懸念も払しょくされる方向にあるとみているようだ。


《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below