October 19, 2018 / 6:49 AM / a month ago

コマツ、スクリーンHD、イオンファンなど


9831  ヤマダ電機  533  -38大幅反落。前日に業績予想の下方修正を発表、ネガティブなインパクトが強まった。上期営業益は従来予想の311億円から50億円に、通期では721億円から294億円に下方修正した。第1四半期の大幅減益決算から通期下振れは想定線だが、市場予想の500億円水準も大幅に下回るものに。在庫適正化に向けた仕入れ抑制によるリベートの減少、ネット価格に対応した価格政策の強化、業態転換の遅れなどが利益下振れ要因に。

6301  コマツ  3074.0  -99.0大幅続落。米中貿易戦争の影響による中国経済の悪化懸念などを背景に、米国市場ではキャタピラーが前日比3.9%安と大幅に下落、東京市場でも同社や日立建機などが連れ安する展開になっている。先週以降、下落ピッチが早まっている中国株式市場の動向に対する警戒感も強いもよう。本日は、7-9月期GDPを始め、中国で経済指標の発表が相次ぐことも買い手控え要因になっている。

6023  ダイハツデイ  740  +43大幅続伸。前日に発表した業績予想の上方修正が好感されている。上半期営業利益は従来予想の2億円から6.2億円に、通期では25億円から30億円に引き上げている。為替レートが想定よりも円安で推移したことなどを業績上振れの背景としている。第1四半期が5割超の減益と低調なスタートであったことから、モメンタム好転の兆しなどとも受け止められているもよう。

4343  イオンファン  3750  +105大幅続伸。SMBC日興証券では投資判断を新規に「1」、目標株価を6200円に設定し、本日の買い材料へとつながっている。海外展開が開花して中期的な利益成長期待が高まってきていること、国内では雇用環境改善や「QOL」に対する関心の高まりが追い風になることなどを評価ポイントとしているもよう。また、ネットクレーンゲームや国内でのインドアプレイグラウンド事業の拡大がカタリストになる可能性も指摘している。

2599  ジャパンF  1240  -152急落で下落率トップ。前日発表の業績下方修正が嫌気されている。上半期営業利益は従来予想の17.5億円から12.3億円に、通期では9.9億円から6.5億円に下方修正、それぞれ一転しての減益に転じる見込み。新製品対応設備工事によるライン停止及び包材の軽量化による一時的な生産効率の低下、自然災害による包材の納入への影響、強みを持つ炭酸系飲料の受注が猛暑の影響で減少したことなどが業績下振れの背景に。

3753  フライト  1431  -78大幅反落。前日に発表した上半期業績予想の下方修正が嫌気される。営業損益は従来予想の1.8億円の赤字から2.5億円の赤字に下方修正、多機能モバイル決済端末IncredistPremiumの大口案件の一部納入が、9月から10月に変更になったことが要因とされている。通期予想は未修正であるが、足元の株価は堅調な推移が続いていたこともあって、失望感が先行する形のようだ。

8252  丸井G  2460  -158大幅反落。消費税率引き上げにあわせて消費者にポイントを還元する景気対策で、クレジットカード会社に対し、小売りなどの加盟店から受け取る手数料を引き下げるよう要請する方向で、政府が調整に入ったと一部報じられている。中長期的にはクレジットカードの導入を後押しする効果につながるが、短期的には同社などカード会社の収益にマイナスに働くとの見方が優勢か。同社のほかクレセゾン8253などの下げも目立つ。

4042  東ソー  1599  -47軟調。上半期営業利益は前年同期比6%減の510億円程度になったもようとの観測報道が伝わっている。南陽事業所の停電事故によるプラントの一時停止の影響があったほか、塩化ビニール樹脂の原料高でマージンが縮小したため減益になったようだ。もともとの会社計画線上ではあるが、第1四半期営業利益は同15.5%増と2ケタ増益であったため、市場の期待値などは下回る水準であるようだ。

7735  スクリーンHD  6410  +20もみ合い。米国市場ではSOX指数が2.5%安となるなど半導体関連株の軟調な動きが目立ったが、比較的底堅い動きになっている。同社業績への影響が大きい台湾TSMCが前日に決算を発表、通期売上見通しは下方修正しているものの、市場が懸念するほどの大きな減速状況はみられず、過度な警戒感はやや後退する状況になっているもよう。TSMCの設備投資計画も第2四半期時のガイダンスから変更されていない。

3912  モバファク  1657  -153急反落。後場は買い気配スタートになったものの、寄り付き後は急速に伸び悩んでいる。前引け後に第3四半期決算を発表、累計営業利益は5.8億円で前年同期比7.1%増益となった。上半期は営業減益だっただけに、7-9月期の前年比大幅増益を好感する動きが先行。ただ、前四半期と比較すると売上が減少し営業利益は2ケタ減、上半期決算時のようなサプライズには至らず、出尽くし感が優勢の形となっている。
《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below