January 11, 2019 / 6:45 AM / 7 months ago

ファーストリテ、安川電、7&iHDなど


9983  ファーストリテ  55280  +3220大幅高。前日に第1四半期決算を発表。営業益は1047億円で前年同期比8.1%減と11四半期ぶりの減益に。国内既存店売上高が前年同期比4.3%減になるなど、国内ユニクロ事業の減益が足を引っ張った。ただ、記録的暖冬の悪影響は十分に織り込まれ、ほぼ市場想定線上での着地であったとみられる。12月既存店売上高が前年同月比5.2%増と3カ月ぶりの増加に転じていることもあって、目先のあく抜け感が先行した。

6506  安川電  2693  +51反発。前日に第3四半期決算を発表、9-11月期営業利益は111億円で市場予想を10億円強下回ったとみられる。サーボモータの受注減少などを映して、通期予想は590億円から530億円に、第2四半期決算時に続いて下方修正している。ただ、ここまでの株価下落で通期コンセンサスの下振れは大分織り込まれており、9月をボトムにACサーボが底打ち傾向にあると示していることからもあく抜け期待が先行へ。

9861  吉野家HD  1710  -105大幅続落。前日発表の第3四半期決算が嫌気される。累計営業損益は5.6億円の赤字で前年同期比31.6億円の損益悪化、9-11月期も損益悪化が続く形となっている。9月の台風や北海道地震などの影響で営業時間の短縮や休業を余儀なくされた店舗が多く発生し、原材料価格の高騰や人手不足による人件費の増加などコスト増が業績悪化の背景。厳しい決算は想定されていたものの、収益の落ち込みは想定以上との見方に。

3382  7&iHD  4834  -92大幅続落。前日に第3四半期の決算を発表、累計営業利益は3043億円で前年同期比2.9%増益、9-11月期は同3.3%増益になった。通期予想は4150億円で前期比6.0%増益を据え置いているが、モメンタムに変化はなく、やや未達懸念も強まる状況とみられる。金融や専門店事業が上振れの一方で、暖冬の影響もあって、スーパーストアや百貨店事業が下振れる状況になっている。

7730  マニー  4850  +615急騰。前日に発表した第1四半期決算の内容が好感されている。営業利益は15.9億円で前年同期比40.1%増益となり、通期予想57.3億円、前期比12.8%増益に対して順調なスタートになっている。サージカル、アイレス針、デンタル関連と主力セグメントが揃って2ケタ増益、ベトナム新工場の稼働効果などによって利益率が高まる状況になっているようだ。

4680  ラウンドワン  1093  -52大幅反落。前日に12月の月次動向を発表。既存店売上高は前年同月比2.8%増となり、3カ月ぶりのプラス転換に。ボウリングがプラス転換したほか、アミューズメントも伸長した。ただ、土日祝日数と年末営業を昨年との比較で勘案すると、実質的には前年並みの水準としており、ポジティブに捉えられる動きとはなっていない。前月は既存店売上高が同1.6%減であったものの、土日祝日数を勘案すると1%増程度であった。

3046  ジンズ  5270  -220伸び悩んで大幅安。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は10億円で前年同期比83.6%増と大幅増益になっている。既存店売上高の順調推移や新規出店効果で、国内アイウエア事業が好調であった。通期計画の前期比19.4%増益に対して高い伸び率となっているが、第1四半期は比較的閑散期であるほか、前年同期には広告宣伝費が大幅に計上されていたこともあって、ポジティブな反応は乏しくなっている。

7818  トランザク  713  +52急伸。前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は6億円で前年同期比19.8%増益となった。上半期予想の9億円、同6.5%増益に対して高い進捗となっている。一般雑貨製品やエコ雑貨製品が順調に伸びたほか、利益率も改善した。加えて、株主優待で優待対象製品を従来の2000円相当から3000円相当に引き上げるとも発表、配当・優待利回り妙味も一段と強まる形になっている。

2930  北の達人  391  +15大幅続伸。本日第3四半期決算発表を予定している。株価は昨年来高値から大きく調整して安値圏にあるなか、好決算がリバウンドのきっかけ材料につながるとの期待感が先行しているもよう。業績は前期から急拡大基調を続け、上半期営業利益も9.5億円で前年同期比2.5倍と大幅増益、通期予想の73%増益を大幅に上回る増益決算となっていた。

9716  乃村工芸社  2725  +214急反発。前日に第3四半期の決算を発表、累計営業利益は58.4億円で前年同期比11.6%増益、主力のディスプレイ事業において、博物館・美術館市場、余暇施設市場、オフィスの需要が引き続き旺盛なその他市場などが好調であった。上半期は同2.0%増益にとどまっていたことから、9-11月期の増益率が大きく拡大する格好になり、通期の1.6%増益予想には上振れ期待が一気に高まる状況となっている。


《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below