January 31, 2019 / 6:52 AM / 6 months ago

アンリツ、NEC、TDKなど


6754  アンリツ  1928  +299大幅反発。前日に第3四半期決算を発表、累計営業益は77.2億円で前年同期比2.9倍、10-12月期も42.3億円で同2.0倍と収益の急拡大が続いた。通期予想は従来の70億円から110億円に上方修正、80億円程度の市場予想も大きく上回った。半導体メーカーによる5G開発需要が想定以上に増加、スマホメーカーの開発需要も立ち上がってきており、5G関連の中心銘柄としてあらためて今後の期待も高まる形に。

6762  TDK  8570  +640大幅続伸。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業益は328億円で前年同期比1.0%増、上半期の同40.6%増から鈍化、市場予想も約10億円下回るも、足元の外部環境悪化から想定範囲内との受け止め。通期予想は1200億円から1100億円に下方修正も、修正幅は限定的にとの見方。粗利益率は四半期ベースで過去最高を更新するなど収益性の高まりも確認され、当面の悪材料出尽くしと受け止められた。

6701  NEC  3650  +240大幅反発で年初来高値。前日に第3四半期決算を発表。10-12月期営業利益は29億円で前年同期比大幅減益の形だが、構造改革費用250億円を計上したため、実質的には市場予想を上回る大幅増益となった。パブリック部門やエンタープライズの堅調推移が背景。第3四半期累計では従来計画を190億円上回っているようだ。通期計画の上振れ期待に加えて、構造改革費用一巡による来期の大幅増益期待などが高まる格好に。

8114  デサント  2271  +400ストップ高比例配分。筆頭株主である伊藤忠商事8001がTOBを実施すると発表、TOB価格2800円にサヤ寄せを目指す動きとなっている。買付予定数は上限721万株としており、TOB成立後の伊藤忠の保有比率は40.0%となる。買付期間は1月31日から3月14日までを予定。TOB成立でも上場は維持されることになり、伊藤忠主導での今後の業容拡大期待なども反映される形に。

2335  キューブシステ  744  +100ストップ高比例配分。前日に発表した第3四半期決算内容、並びに自社株買いの実施が好感されている。累計営業利益は6億円で前年同期比36.6%増益、上半期の同17.3%増から増益率は一段と拡大している。製造業やサービス業からの受注拡大が好業績の背景に。また、発行済み株式数の2.80%に当たる40万株、3億円を上限とする自社株買いも発表、取得期間は2月6日から3月29日としている。

7735  スクリーンHD  4635  -535前日比変わらずを挟んで大幅続落。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は37億円で前年同期比46.2%減益、市場コンセンサスは80億円程度下回った。通期予想は従来の435億円から290億円に、増益予想から一転して2ケタ減益見通しに修正。半導体製造装置事業が大きく下方修正されている。下振れは想定線であったとはいえ、修正幅は予想を上回る大きなものに。

4751  サイバー  3500  -655大幅続落。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は53.5億円で前年同期比35.2%の大幅減益となった。主要セグメントが揃って大幅な減益となっている。通期予想は従来の300億円から200億円、前期比33.7%減益に下方修正。インターネット広告、ゲーム事業の見通しを下方修正している。業績伸び悩みは想定されていたものの、第1四半期決算時点からの下方修正にはネガティブなサプライズ。

6857  アドバンテス  2473  +181大幅反発。前日に発表した決算への評価が高まる形に。10-12月期営業益は207億円で前年同期比6.4倍、第1、第2四半期に続く大幅増となり、市場予想も100億円近く上回った。受注高も前年同期比10%増と好調持続で通期計画も上方修正、SoCテスタが拡大しているもよう。つれて、通期営業利益は従来予想の530億円から630億円に引き上げ、会社計画をやや上回る水準であった市場予想を大きく上回った。

2491  Vコマース  1687  +300ストップ高。前日に12月期の決算を発表、営業利益は37.5億円で前期比68.9%の大幅増益となり、従来計画の32.7億円を大きく上回る着地となった。期末配当金も14円から18円に引き上げている。今12月期計画も41.3億円で同10.0%の増益予想。増収率に対して増益率は小さく、保守的な予想ともみられているようだ。サイバーAG4751など同業他社比での相対的な好業績に評価が高まる展開。

3744  サイオス  560  +80ストップ高比例配分。前日に業績予想の上方修正を発表している。営業利益は0.7億円から2.9億円、前期比9.4%減益に引き上げ。10-12月期において、オープンシステム基盤事業の主力製品「LifeKeeper」の販売が計画を上回ったようだ。10月末には3.3億円から0.7億円に大幅下方修正していただけに、上方修正には意外感も強いようだ。
《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below