February 12, 2019 / 6:42 AM / 2 months ago

任天堂、日カーボン、太陽誘電など


6976  太陽誘電  2380  +400ストップ高。先週末に第3四半期決算を発表、10-12月期営業益は117.9億円で前年同期比68.8%増、上半期に続き6割の営業増益を達成。村田製作所6981の決算を受けて上振れ期待もあったが、市場予想は40億円近く上回る着地に。値上げ効果が前倒しで顕化していることが上振れの要因。順調な決算に加えて、期末配当金の引き上げ、30億円を上限とする自社株買い発表なども好感する動きが優勢に。

6723  ルネサス  715  +100ストップ高。先週末に前12月期決算を発表、10-12月期営業益は101億円で前年同期比53.7%減、第3四半期に続く大幅減となったが、会社予想の25億円は大幅に超過した。今12月期は、Non-GAAPベースでの第1四半期営業益は65.7-69.3億円と予想、前四半期212億円からは大幅減予想も、中国需要低迷の影響は織り込み済み、在庫調整進展などによる第2四半期以降の回復期待を先取り。

1808  長谷工  1359  +187急騰。先週末に第3四半期の決算を発表、累計営業利益は710億円で前年同期比7.5%増益、不動産売却の増加を背景に、通期予想は965億円から1015億円、前期比0.7%増に上方修正している。また、10-12月期受注高は前年同期比72%の大幅増となった。順調な決算を受けて、年間配当金を50円から80円に引き上げ、大幅な増配にインパクトも強まる展開となっているようだ。

3660  アイスタイル  630  -150ストップ安。先週末に発表した決算がネガティブサプライズにつながっている。上半期営業利益は2.4億円で前年同期比80.0%の大幅減益、10-12月期は営業赤字となっている。通期予想は従来の18億円から、2.5-6.0億円のレンジにまで下方修正している。イベントプロモーション予算の増加、新サービスの受注進捗の遅れに加えて、中国における「電子商取引法」施行の影響などが下方修正の要因に。

5302  日カーボン  4710  +700ストップ高。先週末に発表の決算が好感される。前12月期営業益は164億円で前期比6.4倍、従来予想の130億円を上回る着地に。電極の価格是正効果、ファインカーボン部門の販売好調などが業績拡大の主因に。今期も197億円で同20.1%増と大幅増益を予想しており、過度なガイダンス懸念も後退へ。また、配当金も前期は50円から100円の大幅増配となったが、今期は200円への引き上げ方針としている。

5020  JXTG  530.0  -27.5大幅続落。先週末に発表の決算が引き続き悪材料。10-12月期営業益は181億円で前年同期比91.6%の大幅減、通期予想は6800億円から5000億円に下方修正した。在庫影響を除いた実質ベースでは5900億円から5000億円への下方修正。先に観測報道が伝わっており、大きなサプライズはないものの、同報道を受けて自社株買い取得への期待も高まっていたため、想定線の株主還元策発表による出尽くし感も。

7744  ノーリツ鋼機  2140  +325急騰。先週末に第3四半期決算を発表、累計営業利益は41.8億円で前年同期比0.7%の減益となったが、10-12月期は21.4億円で同4.3%の増益に転じている。通期計画に対する進捗率も77.4%となり、計画達成の確度が高まったとの見方になっている。医療情報に関する事業及び歯科材料・医療材料に関する事業が順調に成長したことなど、ヘルスケアセグメントがけん引役になっている。

8111  ゴルドウイン  12710  +2100急騰。先週末に第3四半期の決算を発表、累計営業利益は116億円で前年同期比78.4%の大幅増益となった。つれて、通期予想は従来の91億円から112億円、前期比57.7%増に上方修正している。アウトドア関連ブランドの販売が想定以上に好調のもよう。また、期末配当金を引き上げ、年間配当金は106円の計画から170円にまで大幅増配としている。

7974  任天堂  29235  -45もみ合い。全体株高の中で上値の重い動きが目立っている。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を「オーバーウェイト」から「ニュートラル」に格下げ、目標株価を47000円から26400円に引き下げていることが弱材料となっている。ハードのモメンタム低下によるスイッチ収益の減額、携帯型ゲーム収益の減額などから業績予想を下方修正している。

6268  ナブテスコ  3015  +321急騰。先週末に前12月期の決算を発表。営業利益は219億円で前年同期比25.7%減益となったが、会社計画200億円は上回る。精密減速機の売上回復などによって、10-12月期は同2ケタ増益に転じている。今12月期見通しも300億円で前期比37.1%増益の見通し。下期からの回復を見込む形で、市場コンセンサスを10億円程度上回る水準となっている。想定以上の底堅い業績推移を好感する流れになっている。
《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below