March 7, 2019 / 7:05 AM / 6 months ago

みずほ、SUMCO、日産自など


8411  みずほ  172.5  -2.7続落。構造改革費用の一括計上、並びに通期業績予想の下方修正を発表。構造改革費用は6800億円、うち次期システムの減価償却費用一括計上など固定資産減損で約5000億円、有価証券ポートフォリオ再構築に伴う損失が約1800億円。これに伴い、最終利益は5700億円から800億円にまで引き下げ。配当金維持に加えて、来期以降の減価償却負担が年700億円軽減されるが、修正幅の大きさを嫌気する動きになった。

3197  すかいらーく  1756  +38続伸。前日に発表した月次動向が好感されている。2月の既存店売上高は前年同月比3.3%増と7カ月連続でのプラス成長、増収率は前年度からで最大となっている。客数が同2.4%増加したほか、客単価も同0.9%上昇している。前年の降雪によるマイナス影響の一巡、「麺屋ガスト」フェアの好調推移、バレンタイン限定企画商品の効果などが背景。前月に続く好調推移で業績期待など高まる展開に。

3436  SUMCO  1309  -86急落。本日は半導体関連を中心に、主力のテクノロジー株の下落が目立つ展開になっている。米国市場ではマイクロンが5%超安となったほかエヌビディアやインテルなども安く、市況の下振れ懸念などを背景に半導体関連株に売りが集まった。ルネサスエレク6723の大幅減産報道もあり、東京市場でも同社や東エレク8035など半導体関連からは資金が流出する状況に。

6723  ルネサス  584  -100ストップ安。国内外13工場で生産停止に踏み切ると報じられている。とりわけ、車載向け半導体など国内の主要6工場は最大2カ月という異例の長期間になるもよう。海外4工場でも数週間は操業を止める方針で、2019年度の生産は18年度比で1割超減少の見通しに。中国での需要が想定外に減少していることが背景、在庫水準の適正化を目指すようだ。減産による短期的な業績悪化を意識する展開に。

3031  ラクーンHD  678  -61急反落。前日に第3四半期決算を発表、累計営業益は3.9億円で前年同期比17.8%増となり、通期予想は従来の5.1億円から5.4億円に上方修正した。ALEMO子会社化が業績上乗せ要因となっているほか、フィナンシャル事業における既存サービスも好調に推移している。ただ、上半期営業利益は同27.6%増となっており、業績上振れは想定線と捉えられられ、目先的な出尽くし感などが先行したようだ。

2491  Vコマース  2203  +105大幅高。SMBC日興証券が投資判断「1」を継続で、目標株価を2600円から2800円に引き上げたことが買い材料。今12月期営業利益は会社計画41.3億円に対して48億円、前期比27.8%増益に上方修正。来期以降も上方修正している。マーケティングソリューション事業において金融系や人材系などからの出稿が好調であること、iPush機能によるコンバージョン数拡大効果などが業績上振れの背景に。

3445  RSテクノ  3480  +330急騰。前日に前12月期決算を発表、営業利益は57.5億円で前期比92.8%の大幅増益となり、昨年11月に上方修正した数値をやや上回る着地に。今12月期は59.7億円で同3.8%増と連続増益の予想になっている。一部取引における実在性に疑義があるとの指摘で、特別調査委員会を設置して調査を進めていたため、決算発表が遅延した。過年度決算の訂正も行っているが、修正幅も限定的にとどまり、安心感も先行へ。

6326  クボタ  1559.0  +21.0続伸。クレディ・スイス証券では投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に格上げした。目標株価は1900円を継続。前第4四半期が業績のボトムであり、今第2四半期以降は営業増益局面が到来するとみられること、利上げ打ち止めに伴う米住宅市場の回復が期待されること、株価やPBR水準がボトム水準とみられること、業績ガイダンス受けて悪材料出尽くし感もでていることなどを投資判断格上げの要因とした。

7201  日産自  918.9  -19.3続落。SMBC日興証券では投資判断を「2」から「3」に、目標株価も1050円から850円に引き下げた。米国市場でインセンティブに過度に依存した販売戦略を転換しようとしているが、中長期的視点では必要なアクションとはいえ、短期的に顧客の日産離れと新顧客層を取り込むまでのタイムラグから、収益減に苦しむフェーズを迎えざるを得ないと予想。また、来期にかけては減配リスクも意識すべきであるとしている。

7640  トップカルチャ  341  +36急伸。後場に入って上げ幅を広げる。取引時間中に第1四半期決算を発表、営業利益は1.2億円で前年同期比19.6%増益になっている。上半期計画の0.8億円を超過する水準となっており、業績上振れへの期待感が高まる形のようだ。運営コストの見直しや照明のLED化推進で販管費率が低下したほか、特選雑貨・文具の粗利も改善した。前期が大幅な赤字決算であったため、想定以上の収益回復と捉えられている。
《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below