March 11, 2019 / 7:08 AM / 2 months ago

オムロン、日立化成、日立など


6645  オムロン  5460  +705ストップ高。先週末にパイオニア6773の代替として日経平均への新規採用が決まった。3月15日の引け値で指数連動ファンドの買い需要が発生する。大和証券の試算では、買い入れ株数は約2750万株で、約25日分の買い需要になるもようで、ストレートに需給期待が先行する展開に。他の候補銘柄であった村田製6981、ルネサス6723、シャープ6753などは売られる展開。

4217  日立化成  2386  +400ストップ高。日立製作所6501が保有する同社株を売却する方向で検討に入ったと一部で報じられている。約51%の保有株全てを売却し、売却額は3000億円を超える可能性があるとされる。ITやエネルギー、社会インフラに経営資源を集中しているなかで、同社とのシナジーは小さいと判断したもよう。株式取得企業は不明だが、業界再編に伴う買収プレミアムへの期待感が先行する形に。

6465  ホシザキ  6860  -720急落。先週末に、米国の製造販売子会社で取引などを巡る問題が生じたことを明らかにしている。現地の監査法人に対し、監査に影響を及ぼしかねない通報があったもようで、現在は実態を調査しているようだ。国内販売子会社の不適切取引で前12月期通期の決算開示が遅れているなか、一段の開示遅延につながるとの警戒感、さらには信頼感の低下が懸念される形となっているもよう。

2353  日駐  163  +17大幅高。先週末に上半期の決算を発表、営業利益は21.1億円で前年同期比14.0%増益となった。第1四半期と比べてやや増益率は鈍化したものの、ほぼ従来予想線上での着地となっている。また、発行済み株式数の0.84%に当たる280万株、5億円を上限とする自社株買いの実施を発表、取得期間は3月11日から29日までと短期間での取得を計画。堅調な業績推移や需給改善への期待が優勢の展開に。

3193  鳥貴族  1562  -76大幅続落で連日で昨年来安値を更新。先週末に上半期決算を発表。営業益は3.6億円で前年同期比59.7%の大幅減に。従来予想の7.9億円を大幅に下回る。また、通期予想は17.4億円から6.8億円に下方修正。価格改定以降の客数減少で収益力の低下が続いている。不採算店の退店に伴う減損損失計上などで、通期最終損益は14年の上場以来初めての赤字に減額修正へ。来7月期を最終年度とする中計の取り下げも発表。

4996  クミアイ化  790  +92一時ストップ高。先週末に発表した第1四半期決算が好感されている。営業利益は21.3億円で前年同期比2.4倍、上半期計画は同4.3%増益の見通しであり、想定以上の好スタートと捉えられており、業績大幅上振れ期待などが先行する形にも。主力の畑作用除草剤「アクシーブ剤」の出荷が北米向けに大幅に伸長したほか、豪州向けも好調に推移など、海外向け売上増がけん引役となったようだ。

3903  gumi  653  +100ストップ高。先週末に第3四半期決算を発表。累計営業損益は5.5億円の赤字となったが、従来予想の8.6億円の赤字から赤字幅は縮小、11-1月期の営業損益は黒字転換する形に。主力タイトルの販売が想定以上に堅調であったほか、外注費や広告宣伝費などが抑制できたもよう。通期では14.5億円の営業赤字を見込む。また、スマホゲーム『乙女神楽~ザンビへの鎮魂歌~』の事前登録の開始を発表、期待先行の動きに。

3662  エイチーム  1736  -134急落。先週末に上半期の決算を発表、営業利益は11.8億円で前年同期比42.8%減益となった。エンターテインメント事業における既存タイトルの利益寄与の減少、ライフスタイルサポート事業における新規事業への先行投資による費用増などが響いたもよう。11-1月期も第1四半期に続く大幅減益の形になっており、通期予想の40億円、前期比14.9%減益には未達懸念も強まる状況となっている。

9678  カナモト  2541  -163急落で昨年来安値を更新。先週末に発表した第1四半期決算が嫌気されている。営業利益は39.1億円で前年同期比27.1%の大幅減益、上半期は増益予想であったため、想定以上の低調スタートとなっている。レンタル単価が全国的に低い水準で推移しているほか、設備投資増強に伴う減価償却費負担の増加が響いたようだ。株価の安値更新によって見切り売り圧力も強まる展開に。

6501  日立  3331.0  +177.0急反発。日立化成4217を売却する方向で検討に入ったとの報道を受けて、事業再編の加速化を評価する動きに。日立化成の保有株すべてを売却し、売却額は3000億円を超える見通し。連結業績の悪化要因にはなるが、みずほ証券では、選択と集中の再加速により、競合他社比で低位にとどまる株価バリュエーションの切り上がりに向かいやすくなると考えている。なお、再編期待から本日は日立金属5486も買い優勢。
《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below