June 4, 2019 / 7:09 AM / 16 days ago

日立建機、カシオ計、第一三共など


6952  カシオ計  1235  +20続伸。前日に発表した自社株買いの実施が見直し材料へつながっている。発行済み株式数の1.62%に当たる400万株、50億円を上限に実施、取得期間は6月4日から7月4日までとしている。取得期間は比較的短期間であり、需給面での下支えにつながるとの期待が先行へ。自社株買いの実施は、16年11月から17年1月にかけて1000万株を取得して以来となる。

6200  インソース  2228  -500急落でストップ安。株式の売出100万株、並びに、オーバーアロットメントによる売出15万株の実施を発表、売出株数は最大で発行済み株式数の6.7%の水準となる。売出価格決定期間は6月10日から12日までとしている。当面の需給面の重しになるとの見方が優勢に。一方、8月31日を基準日として、1:1.25の株式分割を実施するとも発表、配当予想は据え置くとしており、実質増配となる。

6305  日立建機  2540  +72反発。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断を「ニュートラル」から「オーバーウェイト」に、目標株価も3500円から4100円に引き上げた。多くの地域で利益率が改善するなど収益構造の転換が進んでおり、不透明な外部環境でも安定収益を確保できる可能性が高まったと分析している。バリューチェーンとマイニングの成長が想定を上回るとして、今期営業利益は会社計画860億円に対して1246億円を予想。

2593  伊藤園  5020  -130反落。前日に19年4月期の決算を発表している。営業利益は228億円で前期比3.5%増益、従来計画230億円はやや下回ったが、第3四半期までの状況からは想定線と捉えられる。一方、20年4月期は230億円で同0.8%増益の予想で、コンセンサスを下回る水準とみられる。6月からの大型PET価格改定を迎える中、収益増への期待感もあったとみられ、控えめなガイダンスを弱材料視する動きが優勢に。

5802  住友電  1304.0  +4.5反発。野村證券では投資判断を「バイ」から「ニュートラル」に、目標株価も1700円から1390円に引き下げた。メキシコに対する制裁関税導入による業績悪化懸念、世界の自動車需要の減速、ファーウェイ問題に関連した情報通信分野での悪影響などを織り込み、20年3月期営業利益は1470億円、前期比12%減益を予想、会社計画の1670億円を下回るとみている。売り先行で始まったが次第に押し目買い優勢に。

6656  INSPEC  1257  +185急騰。前日に業績予想の修正を発表している。売上高は従来予想を下振れるものの、営業利益は2.6億円から3.1億円に上方修正している。一部案件の検収が翌期にずれ込むものの、原価改善や経費削減の効果が表面化するもよう。第3四半期までの状況から上振れ期待はあったとみられるが、株価が安値圏に沈んでいたこともあって、ストレートに好感する動きが優勢となる。

4568  第一三共  5524  +76続伸。米国臨床腫瘍学会で発表した5月31日の非小細胞肺がん治療におけるU3-1402、6月2日の同じく非小細胞肺がん治療におけるDS-1062のフェーズ1からの新データを評価する動きが継続している。ともに良好な有用性が示されているが、とりわけ、DS-1062に対するポジティブな見方が強まっているもよう。現状におけるディフェンシブの優位性と併せて、関心が高まる展開になっている。

6366  千代化建  298  +18大幅反発。米キャメロンLNGプロジェクトにおいて、第1系列からLNGの出荷が開始されたと前日に発表。2014年の契約締結以来、建設期間を通じて無災害の記録を更新しつつ初出荷に至ったもよう。今後、3系列すべてが完成すると、LNGの年間輸出量は1200万トン超となって、世界最大級のLNG生産設備となる。5月15日には生産開始のリリースもあり、想定された進捗であるが、買い安心感につながったようだ。

8848  レオパレス21  293  -11大幅続落。一部で社長インタビュー報道が伝わっており、新規のアパート受注の営業活動を今期中は停止する方針と明らかにされている。短期的な一段の業績悪化が警戒される状況となっているもよう。また、国土交通省から10月までの改修工事の完了を指示されているが、工事を終えた物件は一部にとどまっており、人員を調査に振り向ける考えのほかは具体策が示されず、完了時期のずれ込みなども懸念される形に。

3668  コロプラ  802  -39大幅反落。前日の前引け後、スクウェア・エニックスの「ドラゴンクエスト」新作発表会で、新作「ドラゴンクエストウォーク」の共同開発を行っていることが明らかになった。期待策であり、業績への好影響が期待されるものの、前日は後場寄りを高値に伸び悩み、本日も売り優勢の展開となっている。事前に共同開発先の候補企業として期待感が先行していただけに、出尽くし感による利食い売りが優勢に。


《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below