August 13, 2019 / 7:34 AM / 9 days ago

SMC、リクルートHD、ブリヂスなど


6273  SMC  39060  +1540大幅続伸。先週末に第1四半期の決算を発表、営業利益は391億円で前年同期比25.8%減益となった。ほぼ、会社計画線、市場コンセンサス並みの着地となっており、買い安心感が先行している。営業利益率は28.9%と高水準を確保、同様に高収益企業と位置付けられるキーエンス6861が市場予想を下回る決算となったこともあり、セクター内での相対的な業績の底堅さが意識される形にもなっているもよう。

5108  ブリヂス  3933  -131大幅安。先週末に第2四半期の決算を発表、4-6月期営業利益は813億円で前年同期比18.4%減益、市場予想を10%近く下回った。会社側では通期計画を従来の4100億円から3750億円、前期比6.9%減益に下方修正している。海外タイヤ販売の見通しを引き下げ、多角化事業の利益見通しも引き下げている。計画下振れは想定線だが、修正幅の大きさは想定以上との見方が優勢に。

6098  リクルートHD  3600.0  -51.0反落。先週末に決算を発表、第1四半期営業利益は712億円で前年同期比5.0%増益、調整後EBITDAは873億円で同11.0%増、通期計画が5-12%増のレンジであり、堅調なスタートとなっている。ただ、株価は高値圏にあり、サプライズの乏しい決算を受けて出尽くし感からの利食い売りが先行へ。また、海外派遣事業の収益伸び悩みなどを警戒視する声もあるようだ。

5707  東邦鉛  1724  -376急落。先週末に第1四半期決算を発表、営業損益は39.8億円の赤字となり、前年同期比55.8億円の損益悪化に。上半期予想は従来の4億円の黒字から45億円の赤字に、通期では46億円の黒字から8億円の赤字にそれぞれ減額。亜鉛相場の急落による在庫評価損計上、非鉄スラグ製品の処理費用計上などが業績下振れの背景。なお、一部出荷した「非鉄スラグ」に環境基準の数倍から数十倍の鉛やヒ素が含まれていたことも公表。

2170  LINK&M  436  -100ストップ安。先週末に上半期決算を発表、営業利益は14.7億円で前年同期比30.4%減となり、通期予想は従来の45億円から18.8億円にまで下方修正、一転して前期比大幅減となる見通し。利益率の高い組織開発Divの売上減少、サブスクリプションモデルへの高水準の投資が業績下振れの背景。なお、発行済み株式数の0.66%に当たる70万株を上限とした自社株買いの実施を発表しているが、下支えにはならず。

6175  ネットマーケ  638  +100ストップ高比例配分。先週末に19年6月期の決算を発表している。営業利益は4.2億円で前年同期比23.6%減益、従来予想の3.7億円は上回る着地になった。また、20年6月期は8.1億円で同91.8%の大幅増益見通しとしている。メディア事業の急拡大を想定しているもよう。従来の中期計画数値8億円を小幅に引き上げている。なお、21年6月期目標12億円は据え置いている。

8103  明和産  433  +80ストップ高比例配分。先週末に第1四半期決算を発表、営業利益は4.9億円で前年同期比24.2%減益となった。電池材料事業や資源関連事業が低調に推移した。決算インパクトは限定的であるものの、政策保有株式の縮減を発表、年度内に16銘柄、帳簿価額859百万円の保有株を売却としている。この縮減益を原資として、上半期末の配当金を44円にするとしており、利回り妙味が急速に高まる形となっている。

9450  ファイバーゲート  3365  +502ストップ高。先週末に19年6月期の決算を発表、営業利益は9.4億円で前期比67.2%増と大幅増益、第3四半期決算時に上方修正した数値9.1億円を上振れて着地した。レジデンスWi-Fi事業の拡大などが好業績の背景に。20年6月期も10.7億円で同14.3%増と連続2ケタの増益の見通しに。また、8月末を基準日として、1:2の株式分割を実施すると発表していることもプラス材料視されているもよう。

6071  IBJ  984  +123一時ストップ高、4月19日以来の4ケタを回復する場面も。先週末に上半期の決算を発表、営業利益は10.8億円で前年同期比63.9%増益となった。従来予想の7.5億円を大幅に上回る着地となる。婚活会員数が堅調に推移しているほか、経費削減効果なども奏効した。通期計画は据え置いているものの、足元では著名人の結婚発表も相次ぐなど事業環境は良好とみられ、上振れ期待なども先行する状況のようだ。

3756  豆蔵HD  1767  +297急騰。先週末に第1四半期決算を発表。営業利益は6.6億円で前年同期比2.1倍と急拡大した。上半期計画10.5億円、同13.0%増益に対して、進捗率は62%に達しており、想定以上の好スタートと受け止められた。メガチップス6875から承継したシステム事業が寄与したほか、ネットサービス関連においてソフトウエア投資が好調に推移しているもようで、主力の情報サービス事業が大きく伸長した。
《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below