August 20, 2019 / 7:16 AM / a month ago

ZOZO、ワイヤレスゲート、ユーグレナなど


3547  串カツ田中  2002  +82大幅続伸。前日に19年11月期末配当予想を発表している。従来予想は未定であったが、前期の13円配当に対して、普通配当は2円増配の15円とし、東証1部市場変更の記念配当15円を加えて、30円配当を実施するとしている。利回り水準にサプライズはないものの、想定以上の株主還元としてポジティブに捉えられている。また、上限2万5000株の自社株買い実施も発表、取得期間は8月20日から30日までとしている。

7725  インターアク  1993  +137急反発。前日に大口受注の獲得を発表している。詳細は非開示なものの受注金額は1.98億円で、20年5月期第2四半期の売上計上を予定。業績予想には織り込み済みのもようでインパクトは限定的であるが、これまでも大口受注のリリースに株価は反応しやすく、前日に利食いとみられる売りに大きく下げた反動もあって、短期資金の関心が向かう形になっているもよう。

6191  エボラブルA  2144  -151急反落。前日に7月の月次動向を発表している。取扱高は140.6億円で前年同月比9%増、一般顧客向け取扱高は同26%増となっている。増加基調は続いているものの、4月の取扱高142%増、5月の99%増、6月の15%増と比較すると増加率は低下の方向にあり、ネガティブに捉える動きが先行のようだ。前日にかけて株価が急伸していた反動も強まる状況となっている。

3092  ZOZO  2201  +137急伸。野村證券が前日、日経平均定期見直し予想レポートを発行。日本化薬4272、スカパーJSAT9412などを除外候補とした一方、新規採用候補に、エムスリー2413、カカクコム2371と同社を挙げた。同社に関して、流動性インパクトは相対的に乏しいが、ショートが溜まっているとみられる銘柄でもあり、短期的な買い戻しの動きに。なお、9月上旬ごろに見直し内容は公表されるとみられる。

4321  ケネディクス  530  +29大幅続伸。SMBC日興証券では投資判断「1」、目標株価680円を継続している。主力のアセットマネジメント事業においてAUMが好調に積み上げられているほか、不動産投資事業についても、通期計画達成が視野に入ったとみており、通期業績予想を引き上げているもよう。株価の割安感、安定収益源のアセットマネジメント事業の利益寄与増加が続く見通しであることなどを評価。

6240  ヤマシンF  621  +70急騰。アクシーの株式取得、完全子会社化を前日に発表している。みなし取得日は9月30日を予定。取得額などは非公表としている。アクシーは粗塵および中高性能フィルタ市場において国内有数のシェアを有しているエアフィルタの専門メーカー。株式取得に伴って同社の事業ポートフォリオにエアフィルタ分野が加わり、第二の事業の柱が創出されることになる。アクシーの前9月期経常利益は2億円の水準となっている。

9419  ワイヤレスG  665  -67伸び悩んで急反落。特に目立った悪材料は観測されないが、先週末から3営業日での株価上昇率が一時55%にまで達しており、短期的な過熱警戒感の高まりから利食い売りが優勢となっているもよう。14日に発表した上半期決算を受けて、目先の悪材料出尽くし感が台頭、その後は売り方の買い戻しも交えて、株価は急伸する形になっていた。

3288  オープンハウス  5180  +240大幅続伸で連日の高値更新。14日に発表した決算、業績上方修正を評価する動きが継続している。需給妙味も強い状況にあり、前日の高値更新から買い戻しの動きが加速化する状況とみられる。前日には三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断「バイ」継続で、目標株価を7800円から8100円に引き上げ、エリア拡大による中期的な利益成長を評価する見方に変更はないとしている。

6071  IBJ  1155  +68急伸で年初来高値を更新。いちよし証券ではレーティング「A」を継続で、フェアバリューを1200円から1400円に引き上げている。19年12月期営業利益予想を会社計画の18億円から23億円、前期比55.8%増益にまで大幅上方修正している。出店、広告に頼らない成長を実現する強固な事業モデルを確立しつつあり、婚活市場の拡大が続くなかで利益成長余地は大きいと判断しているもよう。

2931  ユーグレナ  914  +52急伸。幸楽苑HD7554と共同で、サスティナブルな飲食業の実現に向けた、体にやさしく環境に配慮した取り組みを今後展開していくことを決定と発表。共同取り組みの第1弾として、石垣産ユーグレナとヤエヤマクロレラ入りのオリジナル麺を開発し、幸楽苑の全店舗で発売するという。健康意識の高まりのなかで人気化が期待されるほか、ユーグレナの展開力の広がりなども材料視される動きに。




《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below