October 24, 2019 / 7:18 AM / a month ago

日本電産、エーザイ、東レなど


6594  日本電産  15480  +130もみ合い。前日に上半期決算を発表、営業益は622億円で前年同期比35.3%減、従来予想の750億円を下回った。先行投資費用や一時費用の発生が下振れ要因に。また、通期予想は1750億円から1500億円に減額、1700億円程度の市場予想を下回る見込み。ただ、先行投資分の追加費用300億円を織り込んだことが背景であり、実質ベースでは上方修正の形になり、ネガティブな反応も限定的に。

6967  新光電工  1036  -41大幅反落。前日に業績予想の下方修正を発表している。上半期営業損益は2億円の黒字から9.5億円の赤字に、通期では40憶円の黒字から12億円の黒字にそれぞれ下方修正。市場予想は35億円程度の黒字になっている。FC-PKGのミックス悪化、ICリードフレームの原材料価格高騰などが背景となっているもよう。為替前提などやや保守的な面はあるものの、修正幅の大きさがマイナインパクトにつながる。

4523  エーザイ  7534  +1000ストップ高。引き続き、米バイオジェンが同社と共同開発したアルツハイマー病治験薬「アデュカヌマブ」の新薬承認をFDAに申請することが評価材料視されている。野村證券では、世界初の疾患修飾剤となる可能性が高くなったと判断し、同社の投資判断を「ニュートラル」から「バイ」に格上げ、目標株価も5500円から15000円に引き上げている。大和証券でも「5」から「4」に格上げて4500円目標に。

6535  アイモバイル  600  +72急伸。前日に発表した自己株式の取得実施が買い材料視されている。発行済み株式数の12.6%に当たる300万株、15億円を上限に自社株買いを実施、取得期間は11月1日から20年4月30日までとしている。市場買付による取得としており、1株当たりの価値向上につながるほか、当面の需給の下支えになるとも期待される形に。また、取得した株式全株の消却を行うともしている。

3402  東レ  801.9  -36.5.大幅続落。前日に米ボーイングが決算を発表、第3四半期コア営業益は8億9500万ドル、EPSは1.45ドルとなり、前年同期の18億9000万ドル、3.58ドルから大きく減少。墜落事故を受けた航空機生産の大幅縮小が背景。また、中国の需要減に対応して、「787ドリームライナー」の生産ペースを2020年後半から2割落とす計画なども明らかに。ボーイング向け炭素繊維を供給する同社にも悪影響との見方へ。

4320  CEHD  502.0カ  +80.0ストップ高。前日に発表した19年9月期業績予想の上方修正が買い材料視される。営業利益は従来予想の7.5億円から9.6億円に増額、グループ主力製品である電子カルテシステム 「ミライズ・エーズィー」を含む医療システム販売において、従来織り込んでいなかった複数の案件が売上計上できたとしている。第3四半期決算時に続く上方修正であり、良好なモメンタムに対してポジティブな反応が強まる格好へ。

4539  日ケミファ  3475  +170一時ストップ高。前日に体外診断用医薬品「ドロップスクリーン 特異的IgE測定キット ST-1」を開発し、10月8日に製造販売の認証を得たと発表しており、引き続き期待材料視される展開になっている。1滴の血液で41項目のアレルゲンに対する検査を30分で実施することが可能になるもよう。同社ではこれまで、理化学研究所の特許を用いたアレルギースクリーニング診断薬の研究を共同で進めてきていた。

4549  栄研化  1825  +226急伸。前日に上半期業績予想の上方修正を発表、営業利益は従来予想の20.3億円から30.4億円にまで上方修正している。主力製品の便潜血検査用試薬を中心に海外向け売上が好調であったほか、約4億円の研究開発費の計上ずれ込み、販売費や一般管理費の効率化などが背景になっている。第1四半期好進捗から上振れ期待もあったとみられるが、修正幅は想定以上との見方が優勢になっている。

6875  メガチップス  2074  +302急伸。100%出資の連結子会社SiTime社が、米ナスダックへの上場申請のための登録届出書を米国証券取引委員会に提出したと発表している。SiTime社はMEMSタイミングデバイス分野のリーディングカンパニーであり、MEMSをベースとしたシリコンタイミングソリューションを提供している。上場のタイミングなどは明らかになっていないが、株式公開による子会社価値の拡大などが想定される展開に。

5911  横河ブHD  1849  +81急伸。昨日、20年3月期第2四半期(19年4-9月)の営業利益予想を46億円から47億円(前年同期実績50.20億円)に上方修正すると発表している。売上高は橋梁事業、エンジニアリング関連事業ともに計画に届かず、従来予想735億円から640億円(前年同期実績684.57億円)に下方修正したが、営業利益は橋梁事業の損益改善が進み、従来予想を上回る見込みとなったもよう。


《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below